【ネタバレ】刃牙道 第161話「拳豪vs剣豪」【漫画感想】

↑の厳選記事は、下の記事本文を読み終わったあとでも1クリックで戻って来れます

【ネタバレ】刃牙道 第161話「拳豪vs剣豪」【漫画感想】

スポンサーリンク

■刃牙道
第161話「拳豪vs剣豪」

 「強者故に強者を求め、その力を受け止めたいのか・・・

 

■前回のレビュー

■刃牙道

前回、武蔵は花山薫の純粋さに当てられ、迫りくる豪腕からなる鉄拳を、顔面で無防備に受け止めていた・・・

果たしてどうなってしまったのか!?

 

と、期待の今回だったのだがw

刃牙特有の引き伸ばし演出というかw

 

武蔵、光感じすぎだろww

 

影を産み出すから光は優しい・・・

しかし、影をも容赦なく打ち消すほどの光・・・

 

照らしつくす光は・・・

 

『狂気』を帯びる

 

眩しいな・・・・

この者は・・・

 

帯刀する、この『武蔵』に寸鉄を帯びず身を晒す・・・・

 

 

その無防備に・・・

 

その無垢に・・・

 

目が眩む

 

嗚呼・・・

 

武蔵の頭部ほどもある、花山薫の拳骨が・・・

今、まさに武蔵の顔面に突き刺さった。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事