ドラマ『CRISIS(クライシス)』10話(最終回)感想/続編・映画化確定か

スポンサーリンク

f:id:sarapan2014:20170614002536p:plain

最終回・・・見終わりました。

あのラストから察するに、続編はありそうな気がしますね。

 

僕がシナリオを考えるなら・・・

色々あるんだけど、それは最期に書きたいと思います。

まずは最終話!追って行きましょうか!

 

■前回はこちら

結城雅の襲撃

前回ラスト・・・特捜班の拠点に乗り込んできた結城は爆弾を置き土産に姿を消した。

なす術なく爆破に飲み込まれた特捜班の面々・・・

果たして無事なのか!?

 

何とか全員の生存を確認!

どうやら、見た目ほど危険な爆弾ではなかったのか?

 

班長の吉永は、10分の休憩を告げ、その後に反撃に移るという。

滅茶苦茶タフだな・・・

普通なら速攻入院コースだろw

 

10分の休憩で動けるようになるレベルの爆弾とも考えられるが・・・ 

 

応急処置と衣服を新調

ある程度の処置をすませ、拠点に戻ってきた特捜班の5人。

改めて部屋に入ると、酷い有様である。

 

大山のパソコンは生きていたのが不幸中の幸いか。

樫井の話では黒色火薬を使っており、皆ごろしの意図は初めからなかったという。

ようするに手の込んだたちの悪い嫌がらせといったとことか。

 

宣戦布告にしてはヤリ過ぎな感はあるが・・・

稲見は申し訳なさそうな面持ち。

それを察した田丸が「お前のせいではない」と気を使う。

 

ここで稲見が自分と結城について語りだした。 

 

稲見と結城の過去

稲見と結城は、かつて同じ部隊に所属し、数々の任務をこなしてきたという。

国家と国民のために戦ってきたと思っていたと語る。

 

だが、いわゆる公に出来ない極秘任務をこなしていくうちに稲見の中で一つの疑問が芽生え始めたという。

 

「俺が戦ってるのは、この国や国民のためじゃなくて、

 国家のためなんじゃないかと・・・

 権力者に利用されて、この国は国民のためにならないことをしてるんじゃないかと。

 

 兵士が迷いを持って任務をこなすようになったらもう駄目です。

 使い物になりません。

 でも・・・俺は迷いを必死に抑え付けながら任務をこなしていました。

 

 そして・・・国家に対する疑念が大きく膨らんで破裂寸前になってた時、

 ある任務につくことになりました」

 

その任務とは国家に関わる極秘プロジェクト。

ある事故が起きて、稲見と結城は事後処理の任務を受けたそうだ。

 

かつてないほど過酷な任務だったと稲見は語る。

そして・・・稲見は無実の人間をころした。

 

その任務がきっかけで稲見は除隊したようだ。

その後、生きるあてもなくフラフラしていた稲見を拾ったのが鍛冶というわけか。

 

田丸は結城も何らかの切っ掛けでテロリストに変貌したと推測する。

人格が変わるほどの出来事があったはず・・・か。

正攻法で結城の過去の任務について上に聞いた所ではぐらかされるだけ。

 

かといって大山が国防相にハッキングするには時間がかかりすぎる。

手がかりが少ない中、一筋の光となったのが大山だ。

 

閣僚のファイルをUSBにコピーした際にウイルスを仕込んだという。

流石である。

もし結城がUSBをパソコンに差し、ファイルを開いたら遠隔でパソコンの中身を見る事や操作が可能だそうだ。

ただし、ネットが繋がっているのが条件らしいが。

 

山奥などに潜まれたらアウトだが・・・

特捜班はとりあえず新しい拠点へと身を移す。

 

うかつな結城、USBを疑いもなくさす

まぁ・・・物語が進まなくなるしシナリオ上仕方ないんだろうけど、

ホントのプロフェッショナルだったら多分USBにデータなんてコピーしなかったと思う。

それこそスマホでパソコン画面を写メするなり動画を撮るなりしたはずなんだよね。

 

まぁ・・・結城は戦闘のプロかもしれないが、そこらへんの知識に疎かったのしれんが。

 

彼は拠点でまんまとUSBメモリのファイルを開く。

これにより、大山のパソコンでも、今結城がパソコン上で何を見ているのか筒抜けに。

さらにIPアドレス等から、現在地を割り出し、すぐに現場に向かう特捜班。

 

官僚のデータを一通り見た後、明日の天気を見始めた結城。

稲見は狙撃を考えているのでは?と推測する。

 

九十九里浜オートキャンプ場へ

結城の潜伏先であるキャンプ場へ乗り込む5人。

だが、結城はすでに拠点を去る準備をしていた。

 

USBをパソコンに接続と同時に位置がバレるのは織り込み済みだったのかもしれないな。

しかし、特捜班は結城が去る前に現場に到着。

 

だが、ここで思わぬ出来事が!

車に乗り、逃走をはかろうとしていた結城の前に拳銃を構えて立ち塞がる稲見!

撃つ気なのか!?

 

結城はお構いなしに稲見を引きにかかる!!

一歩もひかない稲見、かといって銃を撃つわけでもない!

一体何がしたいんだ!

 

ギリギリの所を田丸が飛び出して、なんとか事無く終えたが、結城はそのまま逃走してしまう・・・

 

「自分を罰する為に死のうとするな!!」

 

田丸の言葉で我に返る稲見・・・

 

オラ、ワクワクすっぞ!

一夜明け・・・鍛冶に結城を取り逃がした報告が入る。

この男・・・ある程度結城の動向に見当がついている節があるのだが、決して特捜班を動かそうとしない。

 

現段階では憶測で動かさない事がベストだと鍛冶はいうが・・・

そして、この状況をワクワクするとぬかした・・・!

 

立場的に公になれば失言どころじゃすまない気がするのだが・・・

 

結城は弓で総理を射抜く

結城はマンションの住民を脅し、部屋に侵入。

総理が自宅から出てきたところを弓で射抜いた。

 

なぜ、銃ではなく弓を使ったのだろうか?

しかも射抜くにしても一撃で仕留めず、あえて怪我程度で済ませた。

出来る男にしては中途半端だ。

 

これはあえてなのか?

 

お前は俺だ

稲見は昨夜の事を田丸に謝ろうとするが、田丸は「いいんだ」と笑顔で答えた。

田丸もまた、稲見と同じような道を歩んできたからこそ、稲見の気持ちもわかったようだ。

 

「おまえは俺だ。だから俺の前でお前を死なせるような真似はさせない」

 

かっけぇえオラ! ( °▽°)=◯)`ν°)・;’.、

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事