【映画感想】ウルヴァリンSAMURAIの印象は「ガイジンだ!」

スポンサーリンク

f:id:sarapan2014:20170609230819p:plain

金曜ロードショーでウルヴァリンSAMURAIやってたので見てたんですが、

なんか色々アレな映画でしたね。

日本を舞台にするだけで、すげぇ陳腐に思えるんだけど、外国人から見た日本と、日本人から見る日本のギャップが激しすぎるせいかね?

 

ウルヴァリンSAMURAIはどっちかっつーと海外のXメンファンには面白いかもだね。

正直、僕は今までのシリーズの方が断然面白かったと思う。

 

なんというか地味だよね。

色んな超能力がでないし、斬りあったりが基本だし、なら別に他の映画でもいいわけだし・・・なんというかアクションは凄いんだけど、派手さがないというか。

 

今作はウルヴァリンの個性である『自然治癒能力』が封じられた状態で、

身体能力はともかくとして、傷を負えば、普通にダメージとして残る・・・いわば普通の人間に近い能力での戦闘でしたね。

 

やっぱ893相手では戦闘力に差が出過ぎてしまうための配慮なんでしょうか?

 

それにしても一番気になったのはローガンを呼ぶ893が、彼の事を『ガイジン!ガイジン!』連呼してた点w

 

なんだよ「ガイジンだ!」ってw

確かにガイジンだけどさw

 

「いたぞ!あいつだ!」でもいいわけじゃんw

「いたぞ!ガイジンだ!」

 

おかしいってw

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事