【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 第23話「轟 焦凍:オリジン」【アニメ感想】

スポンサーリンク

■僕のヒーローアカデミア
第23話「轟 焦凍:オリジン」

f:id:sarapan2014:20170603201301p:plain

■前回はこちら

第二回戦 第一試合!轟VS出久!開始!!

先制攻撃はほぼ同時!轟の地を這う氷を放つ!!

これに対し、出久は自損覚悟の指弾きの衝撃波を放つ!!

 

威力は互角・・・!!

 

しかし・・・轟に比べ、出久の場合、指を弾く度に負傷し使えなくなっていく!

轟がどの程度の攻撃で撃ってくるか解らない異常、100%のワン・フォー・オールを使わざるを得ない出久・・・

 

これで右手の中指は使い物にならなくなった。

続いて先ほど同様の攻撃が出久に向かって行く!

 

すかさず指を弾いて、これを打ち消すも、こんどは右手の人差し指が破壊・・・

このまま同じ事を続けていては、先に自滅するのは出久だ!

 

f:id:sarapan2014:20170603201348p:plain

出久は、この戦いの中で轟攻略の糸口を見つけなければならない。

残りは右手2発、左4発の計6発・・・!!

 

その内に勝ち筋を見いだせなければ出久の敗北は必至・・・!!

 

3回目の氷!!

 

これで残りは5発・・・!

持久戦になると出久に不利だ・・・!

 

だが、個性も身体機能である以上、轟も無尽蔵に氷を放てるわけではないようだ。

ただ、その限界値が何処にあるのかは不明・・・

目に見えてダメージがある出久とは違う・・・!

 

ここで再び轟の氷の攻撃4発目!!

出久は指を弾き迎撃するも、これで4回!右手は完全に使い潰してしまった!

 

さらに轟は攻撃の手を緩めない!

氷を走らせ、その上を駈け上る!!

どうやら接近戦に持ち込むつもりのようだ!!

 

出久が左手中指を弾き、これを迎撃するも、間合いは完全に詰められた!

上空から襲い掛かる轟!

逃げようとする出久の右足を地を這う氷の波がとらえる!!

 

絶体絶命の危機に対し、出久は左拳を握りしめワン・フォー・オールで殴りつけた!!

 

「ぐあああああああ!!!」

 

出久の左腕に激痛が走る!!

しかし、凄まじい威力!!

氷は一瞬にしてはじけ飛んだ!!

 

だが、轟は自身の背後に氷の柱を立てることで、吹き飛ばされるのを回避。

ここまでの勝負、出久が一方的にダメージを受けているが、轟に消耗はあるのか!?

 

「なんだよ、守って逃げるだけでボロボロじゃねぇか」

「・・・!!」

 

ここで出久が気づく。

轟の右(氷)の個性によって、轟地震の右腕に霜が・・・

震えている・・・彼自身凍気にやられているのか・・・?

 

(そういうことか・・・チックショオ・・・!!)

 

何かに気付いた出久は悔しい表情を見せる!!

 

「悪かったな。ありがとう緑谷・・・おかげで奴の顏が曇った」

 

その両手では勝負にならないだろうと、轟は出久にトドメを刺しにかかる!!

凄まじい氷の一撃!!

両腕が潰れた出久に回避の術はあるのか!?

 

「何処見てるんだ!!」

 

その瞬間!!氷が吹き飛び、轟も衝撃波に吹っ飛ばされる!!

場外ギリギリのところで氷の壁で助かる轟!

 

出久は壊れた右手人差し指を弾いて衝撃波を生んだようだが、その代償は計り知れない・・・

 

「なんでそこまで・・・」

「震えてるよ・・・轟君・・・」

 

「!」

「個性だって身体機能のひとつだろ?

 君だって冷気に耐えられる限度があるんだろ?

 でも、それって左側の熱で解決できるもんじゃないのか?」

 

「・・・!!」

「みんな本気でやってる・・・!

 勝って目標に近づくために・・・!!一番になるために!!

 半分の力で勝つ?・・・まだ僕は、君に傷一つ付けられちゃいないぞ!!」

 

「!!」

 

f:id:sarapan2014:20170603201434p:plain

「全力でかかってこい!!」

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事