【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.449 6人の力!!【漫画感想】

↑の厳選記事は、下の記事本文を読み終わったあとでも1クリックで戻って来れます

【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.449 6人の力!!【漫画感想】

スポンサーリンク

■弱虫ペダル
RIDE.449 6人の力!!

「いよいよ終盤戦か!

 

■前回のレビュー

■弱虫ペダル

ようやく総北は全員が揃った!

喜ぶメンバーたち!

 

「想像してたより遅かった・・・何かあったんすか?」

 

今泉の読みは正しい。

 

「・・・ああ。まぁな。

 ちょっとしたデスゲームをしかけられてな。バトってた広島とな」

 

手嶋が人知れず闘いを繰り広げていた事を知る仲間達。

そんな中、鏑木が泣きそうな顔でふるふるしてるw

 

「・・・?」

「青八木~~~~~~~~!!よく帰ってきた青八木~~~~~~~~!!」

 

青八木の背中をバンバン叩きながら喜ぶ鏑木w

相変わらずタメ口w

 

「コラ、何度も言うがオレは3年だぞ。そしておまえは1年だ」

「オレ、青八木さんに言おうと思ってたことがあるんです!!」

 

「きいてるか?きいてないな」

「小野田さんに信じろって言われて!」

 

「聞く気ないな」

「オレ”言う”ってずーと思ってたんす!!”言おう”と思ってたんす!!すげぇ!!」

 

一方的に喋る鏑木w

 

「よかったす!その瞬間が再びおとずれて!!よかったすホントに!!

 青八木さん!!改めて言わせてください!!

 あのっすね!!えっとすね!!

 ぐああ!!感激に言葉が出ない!!

 

こいつwww

2年の3人あきれ返ってるw

 

「あの手嶋さん!!合流早々ですが、実はゆっくりしてる時間はありません」

「・・・だろうな」

 

「今泉くんも鳴子くんも箱根学園が動けば追うつもりでした!

 でも、皆で話して、ギリギリまでがまんして手嶋さんたちを待ってました!!」

 

「だろうな・・・状況は見えてる。

 協調して先頭に追いつき、共に走ってるはずの箱根学園の姿が、すでにない!!

 

「数分前に加速して視界から消えました」

 

ここまで義理堅く待ってくれたハコガク。

流石に合流まで待ってくれるほど甘くはなかったか。

 

6人で加速しているハコガク・・・すでに数分経過してるとなれば、確かに談笑している状況ではないかもだな。

 

「オーダーをお願いします!!手島さん!!」

 

「勝負所に備えてクライマーをどんなに揃えても、

 先頭にいなきゃ勝負になんないのがロードレースだ。

 追いつくぞ先頭(まえ)に!!何をしてでも!!

 

 オーダーだ!!

 山が始まる前の、この平坦区間の間に箱根学園をとらえる!!

 出ろ鏑木!!」

 

「はいッ!!」

 

「鳴子!!」

「はいな!!」

 

「青八木!!」

「・・・!!ああ純太!!」

 

「追撃開始だ!!」

「ほぅるあああ!!」

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事