【ネタバレ】刃牙道 第157話「侠客立ち」【漫画感想】

↑の厳選記事は、下の記事本文を読み終わったあとでも1クリックで戻って来れます

【ネタバレ】刃牙道 第157話「侠客立ち」【漫画感想】

スポンサーリンク

■刃牙道
第157話「侠客立ち」

 「花山薫のエピソード・・・14歳やべぇw

 

■前回のレビュー

■刃牙道

今回は花山家の侠客立ちエピソード。

丸々1話使うとは・・・

 

1616年(元和2年)如月(2月)の事・・・

武蔵野の地に語り継がれる物語。

 

その日、一人の博徒が、当地の豪農『花山家』に一夜の宿を施されることとなる。

汗と汚れにまみれた博徒を快く受け入れ、長旅を労い、心を尽くして厚遇したという。

 

その夜のこと・・・

十数名から成る盗賊が花山家に押し入る。

 

阿鼻叫喚・・・・

一家5名惨さつという・・・

未曾有の悲劇を被るも、僅か一名・・・

 

一粒種・長男『弥吉』が無傷のまま生き残った。

 

一体何故・・・?

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事