【ネタバレ】刃牙道 第154話「英断」【漫画感想】

スポンサーリンク

■刃牙道
第154話「英断」

 「ここでようやくあの人か・・・

 

■前回のレビュー

■刃牙道

日本のトップ達がテーブルを囲み、武蔵について話し合いがなされていた。

 

「『警察』という巨大組織は総力を上げて尚・・・

 たった一人の人間に太刀打ちできない」

 

内閣総理大臣・阿部心三は、かなりご立腹のようだ。

 

「あまつさえ、その『人物』は、遺伝子操作による『クローン人間』だったと、

 あまつさえ、そのクローンは、剣豪宮本武蔵だったと。

 皆さん、これ全て、21世紀の日本で起こっている現実の出来事ですよ!

 

 これが世界に知れたらどうなるか、想像してみてください!

 世界が飛びつきますよ!このニュースに!

 世界のもの笑いですよ!このニュースで!

 世界から大ブーイングですよ!このニュースに!

 

 ハッキリと申し上げます。これは国家の秩序に関わる問題なのです!

 我々は”もう一人”の『腕力家』を造ろうとしているのです!」

 

腕力家・・・ねぇ(((( ;゚д゚)))

範馬勇次郎・・・その人か。

 

いっそのこと、勇次郎に頭を下げてどうにかしてもらうとか?

でも、すでに一回やりあってるしなぁ。。。

 

ここで御老公が重い口を開いた。

 

「陸上幕僚長、君らならどうなんだ・・・?」

「それは無論、命令とあらば・・・」

 

「御老公!知られてはならないのです!」

 

阿部総理が口を挟む。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事