【ネタバレ】刃牙道 第144話「切れぬもの」【漫画感想】

【ネタバレ】刃牙道 第144話「切れぬもの」【漫画感想】

スポンサーリンク

■刃牙道
第144話「切れぬもの」

 「まぁ切るわな

 

■前回のレビュー

「撃ェッッ!!」

 

武蔵の正面に3人の機動隊。

一度に放たれた圧縮ゴム弾・・・!!

 

この時点で、まだ武蔵は刀を抜いてはいない。

 

(ふむ・・・)

 

全く動じず!!

 

一閃・・・

 

武蔵が抜いた。

と、同時に3つの圧縮ゴム弾は綺麗に真っ二つに切断された。

 

圧縮ゴム弾がどれだけの硬度をもってるものかは解らないが、武蔵の実力をもってすれば朝飯前だろう。

 

「化物め・・・ッッ!!」

 

隊長もそうだが、武蔵の実力を読み誤りすぎだろ・・・

ここで引けば、まだ犠牲は出ずに済むんだろうケド・・・

こいつらも警察という立場があるから敵前逃亡は出来ないんだな・・・

 

そもそも、生きて捕えようとする前提が間違ってる。

武蔵あいてならころす気でやって丁度いいだろうに・・・

 

てか警察は捕獲用の網とかもっとらんのか?

まぁそれで捕えられるとも考えにくいけど、電気が走る網とかあれば、いかに武蔵でも捕えられると思うんだけどなぁ・・・

ダメなのかねぇ。。

 

「矢の方が速い」

 

武蔵の目つきが変わった。

 

「いざ」

 

機動隊に向かい歩を進める武蔵!!

 

「~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッ!!」

 

さぁ隊長さん、どうする?

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事