【ネタバレ】メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 第8話【ドラマ感想】

スポンサーリンク

■メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断

第8話

f:id:sarapan2014:20161129234130p:plain

■前回はこちら

志帆は休暇をとって田舎に向かっているようだ。

 

雪野は志帆の秘密に踏み込んで、幻覚を見ていることを直接問いただした。

どうやら志帆は娘が幻覚であることを自覚していたようだ。

 

志帆は幻覚だからなんだと。

誰にも迷惑をかけてないんだからと。

雪野にそう語った。

 

f:id:sarapan2014:20161129234150p:plain

てか影がない((((;゜Д゜)))

 

志帆にとって幻覚であっても、そんなの関係ない・・・娘は必要だという・・・。

 

・・・・・

・・・

 

f:id:sarapan2014:20161129234213p:plain

一方、葉子はテレビ番組『お助けドクターSOS』に出演していた。

俳優の堂島謙三もゲストで出ているようだ。

 

番組が始まり、番組観覧に来ていた女性の悩みを聞いていく葉子。

番組の進行は順調に進んでいるようだが、クソガキ二人は収録にも関わらず菓子を食い散らかし、母親は注意もせず隣のBBAとぺちゃくちゃオシャベリ。

 

こういう親ははったおしたくなるな( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

堂島も怪訝な表情を浮かべる。

 

そんな中、最近多い子供の発熱についての議論中、堂島は学校に行きたくないだけの仮病だと言い出した。

 

険悪な雰囲気になりかけるなか、さっきの糞ガキどもが喧嘩をはじめた。

にも拘らず親はまだしゃべくってる。

スタッフが母親と勘違いした夏海に静かにしないと出て行ってもらいますという。

 

すると堂島は子供は喧嘩するくらいが元気があっていいという。

しかししゃべくってた母親はここに来て反論!怪我したらどうするんだと!

 

ふざけんじゃねぇよこのババァが○(#゚Д゚)=(  #)≡○)Д`)・∴’.

 

イライラするぜぇ!!

 

f:id:sarapan2014:20161129234337p:plain

堂島もイラつきMAXでがなりちらす!

生放送だからといさめる葉子だったが、今度は葉子に怒りが飛び火w

 

堂島と大喧嘩する葉子だが、ここで堂島の様子に異変が!

f:id:sarapan2014:20161129234239p:plain

急に倒れてしまったのだ!

 

葉子と夏海は急いで堂島を診断する。

寒気に腹が痛い。発熱も若干ある・・・そして異常な右手の痛み。

 

葉子は生ものを食べたり、魚介類を食べたか聞くが、食べていないと答える。

とりあえず病院に搬送することに・・・

 

・・・・・

・・・

 

搬送された堂島の右腕には赤い腫れものが・・・

しかも患部の腫れが広がりを見せている。

レントゲンでは骨折はないようだが・・・・

 

そこに現れた堂島のマネージャーは、本当に病気なんですか?と葉子に尋ねる。

彼は呪いじゃないかと疑っているようだ。

 

話を聞くと先日、堂島は山奥の心霊スポットのロケにいったらしい。

地元民やマネージャーが止めるのも聞かず、一人奥に入っていく堂島。

 

程なくして戻ってくると、ロケ中止だと告げたようだ。

日頃から冗談を言わない堂島が幽霊がいたと口走りロケを中止にした矢先のこれだ。

 

なるほど・・・もとより噂のある場所でそんなことがあれば呪いを疑いたくもなるか・・・

 

 

・・・・・・

・・・

 

解析診断部の女医たちも呪いに怯えていたが雪野と葉子だけは冷静だった。

感染症を疑う葉子。

嫌気性菌の中で溶連菌やブドウ球菌、クロストリジウムなどが考えられる。

 

しかし、そのどれもが症状に一致しないようだ。

他に考えられるのは人食いバクテリアか・・・

 

化膿性レンサ球菌

ビブリア・バルニフィカス

どちらも壊死性筋膜炎を引き起こすらしい。

壊死が進み内臓に至れば死に至るらしい。

 

しかし、ビブリア・バルニフィカスは海水とか海辺でしか感染しないらしい。

堂島は生ものも海産物も食べてないし、海ではなく山にいったわけだから、これは候補からはずれる。

 

となると、劇症型溶連菌感染症で間違いないようだ。

すぐに処置をしないと生死を分けるタイムリミットは24時間だという。

残り22時間・・・劇症型溶連菌感染症の治療を始める!

 

・・・・・

・・・

 

葉子は堂島に病状とその治療について説明する。

壊死が広がれば死に至る・・・腕を切らねばならないようだ。

しかし堂島は役者・・・今、大作を撮影中らしい。

 

もし切除等になれば、今まで撮ったシーンと繋がらなくなってしまうと断固拒否をする。

 

命よりも役者魂か・・・

 

マネージャーが説得するも聞く耳を持たない様子。

葉子は患者の意向を尊重するのか、まだ切除には踏み切らないようだ。

 

あと21時間・・・そのタイムリミットまでに切除しなければ・・・

 

・・・・・

・・・

 

その後、堂島は屋上にタバコを吸いに。

そこで手術に怯える少年と出会う。

 

堂島は男なら勇気を出せと少年を励ます。

両親に心配をかけるなと。

 

だけど、そんな話をしていると、急に堂島が倒れた!

 

すぐに処置室に運ばれる堂島。

メロペネムという薬を先ほど点滴したのがアナフィラキシーショックを引き起こしたようだ。

医者嫌いでクスリはホトンド飲んだ事がなかったため、こうなる事も予想できなかったようだな・・・

 

なんとか一命を取り留めたものの、治療の為に使う薬がアナフィラキシーで使えない・・・

他の薬も同じ症状になるかもしれない・・・

そこで葉子はグレイデッドチャレンジテストを行うことに。

 

出来る事が限られた中で堂島を救う事は出来るのか!?

こんな時に志帆がいれば・・・綾香はつぶやいた。

  

スポンサーリンク

 

 

f:id:sarapan2014:20161129234458p:plain

結局テスト結果はダメだった。

他の薬で代用するようだが・・・

敗血症を起こさせないようにしなければ・・・

 

思った以上に手だてがないようだな・・・タイムリミットが迫る!

 

そんな中、屋上で会った少年が苦しむ堂島を見舞いにきた。

少年は堂島と病気と戦う約束をする。

手術を受ける事を決意した少年と言葉をかわしていたのもつかの間、

またしても容態が急変する堂島。

 

敗血症に壊死拡大・・・病状は一刻を争う段階まできてしまったようだ。

決断を迫られる葉子。

しかし、葉子は彼の役者としての覚悟を知っていただけに、すぐに切除に踏み切れずにいた。

 

残り6時間という、わずかな時間で原因を究明し、正しい処置が出来れば切らずに済むのか・・・

 

・・・・・

・・・

 

綾香は志帆に連絡をいれるも電話は繋がらない。

そこに何やら閃いた葉子がやってきて綾香に頼みごとをする。

いつもは志帆にコキ使われているが今日は葉子から依頼を受けて動くようだ。

 

f:id:sarapan2014:20161129234523p:plain

綾香は宮部を捕まえて、堂島がいった心霊スポットに向かう。

 

ビビりまくりの宮部を置いて、一人中に入っていく綾香。

勇気あるのう。

 

そこでクソガキ三人組と遭遇。

綾香をババアと罵った。

 

こんな若くて美人の綾香にババアとは・・・

貴様らの母親より若いだろ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

 

さらに奥地に進む綾香・・・さすがに怖いようだが・・・

 

そんな中、木に登る少年と出会う。

どうやらさっきのクソガキ三人組にアケビをとってこいと言われて木を登っているようだ。

 

彼はこの場所に毎日来ているそうなので、さっそく堂島をみたことがないか尋ねる。

知ってるようなそぶりを見せるも、知らないと首を横に振った。

 

綾香は堂島がしにかけてると説明。

彼は堂島と何か秘密を約束をして喋らないようだが・・・

 

だが綾香は少年を説得。

約束を守る事も大事、だけど命を守る事も大事。

今一番大事なことはなにかな?と投げかける。

 

少年もバカではない。

命がかかっている以上本当の事を話した。

 

・・・・

・・・

 

堂島があの日ここを訪れた時、彼と出会ったそうだ。

その時も今の様にクソガキにいわれアケビを取ろうとしていた。

堂島は彼に手を刺し伸ばす事はせず、何回も木から落ちる彼を見守った。

 

そして何度か目の挑戦で、なんとかアケビまで手が届きそうなところまできた。

だが結局届かず、また落ちそうになる!

 

ここで初めて堂島は少年に手を差し伸べた。

彼が落ちないよう受け止めたのだ。

 

そして見事にアケビをゲット。

その時、少年が飛び降りた際に、堂島も右腕に小さな傷を負ったようだ。

その後・・・堂島は近くにあった井戸から水を汲み、少年の頭にぶっかけた。

 

散々落下で泥だらけになってたからだろう。

堂島は自分は強面の役者で通ってる故にいじめられっこを助けたんじゃイメージが違うのが世間にばれてしまう。

 

だから黙ってろと約束したようなのだ。

 

・・・

・・・・・

 

綾香は少年に案内され井戸に。

オケで水を汲んで触ってみると、何故かぬるかった。

元々ここは温泉旅館・・・温泉が井戸水に混じったようだ。

 

一方、病院では堂島の晴れた腕に水泡ができていた。

 

何かに気付いた葉子。

そんな中、いいタイミングで綾香から電話。

解った事を伝えると、葉子は井戸水を舐めてみてという。

 

f:id:sarapan2014:20161129234548p:plain

言われるまま舐めてみると、その水はしょっぱかったようだ。

海水だということか!?

 

葉子はすぐに堂島に肝臓疾患の病歴がないか調べさせる。

どうやら過去にC型慢性肝炎を経験していたようだ。

 

すると葉子はミノサイクリンとシプロフロキサシンの投与を指示。

どうやら堂島の感染症はビブリア・バルニフィカスだったようだ。

 

海産物を食べてなかったり海とは違う山にいたことから最初に候補から外してはいたが山でも海水に近い成分が出る場所は日本各地にあるようだ。

感染の確率は0じゃない。

 

さらに健康な人なら汚染された水に触れても感染することはないが

堂島はC型慢性肝炎があったためステロイド薬剤を使ってる人は稀に重症化するようだ。

 

右腕に小さな傷を負った状態で、井戸水に触れたのが原因か・・・

 

その後、適切な治療をしたことで堂島はみるみるうちに回復した。

すぐに退院できるそうだ。

 

f:id:sarapan2014:20161129234405p:plain

そして手術を怖がっていた少年もまた、無事手術を終えたようだ。

全ては万々歳で終わりを迎えた。

 

 

f:id:sarapan2014:20161129234424p:plain

その頃、志帆は真央の墓を訪れていた。

どうやら12歳の誕生日だったようだ。

 

亡くなってから2年・・・か。

一体なにがあったんだろうか?

 

次回に続く!

スポンサーリンク

 

  

■前回

 

■次回

 

■メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断

■おすすめ記事