【モシモノふたり】デヴィ夫人と庄司智春の同居生活がヤバすぎてヤバすぎ((((;゜Д゜))) 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

f:id:sarapan2014:20161109235902p:plain

■前回はこちら

今回はデヴィ夫人(76)と、庄司智春(40)の同居生活。

デヴィ夫人のセレブ豪邸にお邪魔するのだが・・・出だしから空気悪すぎだろ・・・。

なんか玄関先の置物が割れてて

 

「誰がやったんですかね?」

「あなたに関係ない!!」

 

夫人ブチギレ・・・

こんなんで48時間も同居生活もつのか・・・

 

20分待たされて、もういちどお出迎えから。

 

夫人の豪邸のお宝を紹介され、ついつい値段を聞く庄司だったが・・・

値段を聞くのは失礼です!と一喝。

 

わからんではないが、一応これバラエティ番組ですからね・・・

靴を揃えない事を指摘され、物に触れれば触らないと叱られ・・・

夫人が触ってたので触っていいかと触ると、触らない!と叱られ・・・

 

サロンでは、夫人の若かりし時の写真を拝ませてもらうも

 

f:id:sarapan2014:20161110000353p:plain

「置いてあるものを勝手に手に取ったらダメ!指紋がつく!!」

 

庄司はきっとテレビの前の視聴者に向けて見せたかったんだろうな・・・

厳しすぎだろ・・・

 

孫の写真を見つけた庄司がディカプリオみたいというと、

ディカプリオより全然キレイと・・・孫バカっぷりを発揮。

 

結局、庄司はおさわり禁止令が出てしまい、何も触れさせてもらえないww

 

さらにワインセラーを開け、自慢のシャンパンを見せられた庄司。

流石にワインくらいは触れてもいいだろということで手に取ると、無言で奪われてしまったw

 

f:id:sarapan2014:20161110000333p:plain

 

 

次に通されたのがリビング。

そこで、庶民では滅多に見る事の出来ない品を見せてくれるという。

 

f:id:sarapan2014:20161110000304p:plain

恐らく世界一だというエメラルド・・・

でかいのは118カラットもあるそうだ・・・小さいのでも43カラット・・・

数億円だとさ。。。

 

さらに自慢のピンクダイヤモンドを披露。

43カラット・・・

 

f:id:sarapan2014:20161110000244p:plain

女にとって宝石は勲章だという。

闘って得た勲章・・・か。

 

 

その後、夫人の楽しみである13匹のワンちゃんと戯れ、

すでに家にお邪魔して2時間も経過し、喉が渇いたことを訴える庄司だったが・・・

 

なんとシャンパンをご馳走してくれるそうだ。

だが、本来なら客がそれを言うのではなく、

「私が頃合いを見て言いますから!!」

 

いや夫人・・・2時間は相当しんどいぞw

緊張もしてるだろうし・・・

マナーに厳しい割に基本的なマナーは気にしないんだな・・・

 

さらに恐怖のキッチンが幕を開ける。

 

お手伝いさんと夫人がキッチンで揉めまくってんだよ・・・

それがリビングの庄司に聞こえちゃってさ・・・

 

庄司は心配してか、何か手伝いましょうか?と気を使うが・・・

大丈夫です!

 

とのこと・・・

 

なんか雲行きが怪しくなってんなぁ。

その後シャンパンが運ばれてきて味わう二人。。

 

・・・・

・・

 

一息ついたところで夫人は週1で通ってるダンス教室にいくことに。

もちろん庄司もくっついていくのだが・・・

 

夫人は庄司そっちのけで先生と踊りまくる。

 

庄司は教えてもらった基本ステップを、夫人のレッスンが終わる2時間もやらされたあげく、踊らせてもくれなかったww

酷すぎだろこれww

 

夜9時・・・二人は遅めの夕食に寿司屋へ。

 

f:id:sarapan2014:20161110000216p:plain

そこで1人前10000円のコースを食べるのだが・・・

食事のマナーにもめっちゃ厳しい夫人。

叱られっぱなしの庄司。

 

気持ちは解るけど、せっかくの食事の味もわからんくなるよな・・・

 

f:id:sarapan2014:20161110000125p:plain

さらに庄司は夫人宅を訪れる際に手土産を持って来なかった事を責められてしまう。。

庄司、もうみてらんないよww

こっちまで泣きそうになるわ・・・

 

その後帰宅・・・

すでに12時をまわっているのに元気な夫人。

庄司は泊めて頂くことになったが、ゲストルームがないようで、リビングのソファーで寝る事に。

 

地獄の朝が待っているとは。。。この時はまだ知る由もない。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■関連記事
検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA