【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.419 再会【漫画感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク

■弱虫ペダル
RIDE.419 再会

「偉大な先輩達の全力の走りを目の前に・・・坂道よ・・・明日がインハイ最終日だってわかってんのだろうか・・・^q^・・・

 

■前回のレビュー

 

「ライトの光りと車輪の音・・・・!!

 クハ・・・いつまで待たせるショ。東堂ようやく・・・

 ん?何で坂道までいるショ」

 

背後から迫る車輪の音だけで東堂と認識するとか・・・流石永遠のライバルだな!

 

ハァ・・・

 

『オレたちの総北をたのむぜ坂道』

 

ハァ・・・ハァ・・・

 

『オレの走りは完全自己流・・・自己流で速かったら、それ

 サイコーにカッコイイっショ!!』

 

ハァ・・・

 

坂道よwwwハァハァすんじゃねぇってのww

 

『やっぱオレは自転車でしか会話できねェ』

『突破するっきゃないショ』

 

坂道の脳裏を巻島との思い出が駆け巡っていく。

鼓動が高鳴り、呼吸が乱れる坂道。

 

心臓が破れそうです!

今ボクの目に映ってる光景はまぼろしじゃないですか?

本物ですか・・・?

 

ですよね。

そんな独特のフォームで登る方は

世界中探してもあなたしかいません!!

 

「巻島さん!!」

「クハ・・・!!」

 

「!!」

 

 

坂道の隣を走っていた東堂尽八が一気に加速した!

口元に笑みを浮かべながら!

 

速度を上げて東堂さんが前へ!!

 

「悪いがメガネくん!!ここから先は、オレとヤツとの勝負の登りだ。

 先に行く!!

 

「あ!あっ・・・はい・・・」

 

そうだ。

これはもともと巻島さんが東堂さんにデンワして・・・

 

「あ・・・」

 

ボクはたまたまそこに通りかかっただけ・・・そうだ。

これ以上おじゃまするわけにはいか・・・

 

しかし、坂道はグリップを強く握り締め・・・そして叫んだ。

 

「東堂さん!!」

 

坂道の思いは東堂に届くのか!?

 

「あのっ!おじゃっ・・・おじゃまだとは思いますが!

 あの・・・お2人に・・・

 お2人にこのままついていってもいいですか!!

 

坂道がここまで自己主張することって滅多にないよな。

やっぱそれだけ巻島に対する気持ちが強いんだろうなぁ。

 

「これは2人の勝負だ」

 

それが尽八の答えか!?坂道どうする?

 

スポンサーリンク

 

 

「だが・・・いいだろう。

 歴史には常に証人が必要だ

 

尽八いいヤツだよなぁ・・・。

ぱぁっと笑顔になる坂道!

 

「まばたきする時間はないぞメガネくん!!」

「はい!!」

 

一気に加速する東堂!

借り物の自転車とはいえ、乗り手が凄いとこうなるのか。

 

並んだ!!

東堂さんと巻島さん!!

速い!!

 

「巻ちゃん」

「クハ」

 

「巻ちゃん」

「クハ・・・!!」

 

おいおいwww

 

そうか、東堂さんも・・・

巻島さんに会うのは久しぶりなんだ。

 

二人は腕をそれぞれだし、走りながら腕組みをした。

 

「久しぶりだな巻ちゃん!!」

「アア・・・!!東堂・・・!!」

 

モホォ^q^・・・

腐女子歓喜ってやつかぁ!?

 

「どうして電話やメールの返事をよこさない?」

 

「クハ・・・!!無精ショ。

 てか、何て書きゃいい?思いつかないショ。

 ”元気にやってます”か?

 ”会いたいです”か?

 そりゃあキモチわるいショ」

 

「あきれる正論だな。

 だが!!送った方の気持ちはどうなる巻ちゃん!!

 きっと・・・あのメガネくんはあの性格だ。

 おまえにメールや手紙の類をたくさん送りつけているのだろう!!

 きっと・・・山のように!!」

 

「クハ・・・!!」

 

尽八の指摘はまさに図星のようだ。

 

「だからこうして会いにきてるショ!!」

 

加速する巻島!

美しいコーナリング!それについていく尽八!

 

「不満かァ!東堂ォ!!」

「いや!!大満足だよ巻ちゃん!!」

 

二人は実に楽しそうに登っていく。

若干巻島が先を行く形か。

 

2人の少し後方を坂道が追う!

 

尽八加速!!巻島の前に出た!!

 

「ショオ!!」

 

巻島は尽八の自転車の後輪にタイヤをぶつける!!

 

「巻ちゃん!!」

 

尽八リードのままコーナリング!!

 

山頂を目指せと心臓がポンプするよ!!

 

「巻ちゃん!!」

「東堂ォ!!」

 

この感覚だァ!!

尽八ィ!!

 

「いくぞ巻ちゃん!!」

「クハ!!尽八ィ!!」

 

小さな峠の小さな頂きまでのこりわずか。

ボクは言葉も声も出なかった。

2人の偉大な先輩の走りをボクはこの時、初めて目の前で見た。

 

さすがにイチャツキすぎだろww

 

互いの名前呼びすぎww

 

次回に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル

検索

しろログには2000以上の記事があります!
もしかしたらアナタの探してる記事があるかもしれません↓
是非検索してみてください!

メルマガ

関連記事
■関連記事
人気記事
■人気記事
人気記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA