【ネタバレ】仮面ライダーゴースト 最終話(特別編)「未来!繋がる想い!」【ドラマ感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

■仮面ライダーゴースト

最終話(特別編)「未来!繋がる想い!」

f:id:sarapan2014:20160925084425p:plain

ガンマイザーを倒し、タケルも生き返り、ようやく平和が訪れた。

タケルたちは龍へ全てが終わった事を報告していた。

 

そんな中、謎の少年と、仮面ライダーエグゼイドがそれぞれ別の場所で動き出そうとしていた(((( ;゚д゚)))

あの少年は一体何者なのか?

そして仮面ライダーエグゼイドの目的は・・・?

 

てかタケルって高校生なのかよwww

最終話で気づいたww

 

半年間も学校にいってなかったから勉強も遅れをとってしまってるわけかw

アカリがビシビシ家庭教師になるみたいだがw

 

アランは絵を描いてるし、てかうめえ(((( ;゚д゚)))

マコトは父のあとをつぐという。

 

そんな中、空中にゲートが!

それに気づいたマコトとアランが現地に向かうのだが・・・

 

そこには謎の少年と仮面ライダーエグゼイドの姿が・・・

 

「世界を変える力を持つもの?」

 

少年は何やらアイテムを手にし、つぶやく。

そこにアランとマコトが到着、エグゼイドを敵と見て2人がかりで襲いかかるのだが

仮面ライダーエグゼイド余裕のあしらいで、逃走する。

 

戦闘を終え、少年に話を聞こうとするが無言で立ち去ろうとする少年。

その少年が口にしたのはタケルの名だった。

 

・・・・・

・・・

 

マコトとアランは少年を大天空寺に連れて行くが、名前も名乗らないようだ。

だが、タケルが名前を聞くと、アユムと答えた。

 

彼はタケルが仮面ライダーゴーストの存在を知っていて、宿題をしているタケルに世界を救うことより大切な事なのかと、ゴーストのままのほうがよかったのでは?と問う。

 

タケルは生きてることこそ奇跡だといい、アユムを諭した。

 

・・・

・・・・・

 

その後開催された、タケルの第二の誕生日パーティ!

そこでアランが眼魔世界へと旅立つ事を告げた。

眼魔世界にはアランの力が必要だと、快く送り出す仲間達。

 

そんな中、タケルはアユムに襲われそうになってた仮面ライダーエグゼイドについて訪ねる。

どうやらアユムの持つ『世界を変える力を持つ物』のせいだという。

 

この少年は未来人なのか?

この先に待つのは絶望しかない、未来は変えることができないというのだ。

  

スポンサーリンク

 

 

翌日・・・

アランと同行を決めたマコトとカノン。

旅立ちの時が来た。

快く送り出すタケルたち。

 

そんな中、アユムはたった3人で世界を変えられるはずはないという。

タケルはそんな事はないと諭すのだが・・・

 

少年が森へ走っていくと、そこには仮面ライダーエグゼイドが!

アユムを追ってきたタケルは、そこでエグゼイドと対面。

 

エグゼイドは少年の持つ謎のアイテムを見て、「それを渡せ」と声をかける。

世界を救うために必要・・・だと?

 

「嘘付け!!」

 

完全に敵だと思い込んでいるタケルはエグゼイドに攻撃をしかけるが、

「嘘じゃない!誤解だ」いう。

 

「人の命を救って運命を変える」というエグゼイド。

人の命はなによりも大切だというエグゼイドに共感するタケル。

 

そんな中、何者かがアユムに遠くから攻撃を仕掛ける!!

攻撃に気づいたタケルとエグゼイドはアユムをかばって攻撃を受ける!

 

その拍子にアユムの持っていた謎のアイテムが敵に奪い去られてしまう。

一体何者なのか!?

 

そして現れる謎の敵の軍団!

エグゼイドとゴーストは共闘し、これを蹴散らす!

 

別れ際、エグゼイドはアイコンを落としていった。

映画と何か繋がるのかな?

 

アユムは無事だったが、やはり、その心は何かに怯えているようだ。

タケルという存在はずっと側にいるわけではない。

もしタケルがいないときにはどうすればいいのだ・・・自分には何もできない・・・と嘆くアユム。

 

「未来なんて変わらない!想いなんて意味ない!

 どんなに頑張ったって無駄なんだ!僕には何もできないんだ!」

 

タケルはそっとアユムを抱きしめた。

 

「あったかい・・・」

 

「俺の想いは今アユムと繋がっている」

 

俺達の思いはずっと一緒・・・か。

アユムの力を信じるというタケル。

 

「世界を変える力を持つ者・・・きてよかったよ。

 聞いてた通りの人だった。もう諦めない。僕も未来へ思いを繋げる!」

 

そういうとアユムはゲートに入っていった。

 

「ありがとう」

 

そう言って消えていった。

最後まで何者かわからなかったが、タケルはきっとまた合える気がするという。

 

眼魔世界に旅立った3人もきっと人間界と同じ青い空にしてみせると誓う。

一方、御成は不可思議現象研究所を続けるというが、誰もそれに賛同しなかったww

 

f:id:sarapan2014:20160925084604p:plain

いやぁ1年間お疲れ様でした!

面白かったです!

次週からは仮面ライダーエグゼイドですな!

スポンサーリンク

 

  

 

■前回

■仮面ライダーゴースト

■関連記事
検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA