【ネタバレ】営業部長 吉良奈津子 第10話 最終回ドラマ感想【木10】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

f:id:sarapan2014:20160922231034p:plain

奈津子の病室に現れた一条。

プレゼン資料を盗みやがってこの野郎( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

一条はコンペを潰すために盗んだと言うのだが、その必要がなくなったというのだ。

 

聞けば、臨時の役員会が開かれK&M社との合併がコンペ当日に開かれると言うのだ。

身売り同然の合併話・・・当然、営業開発部は潰されて終わる・・・

しかし、何故一条はその事を伝えに来たのだろうか?

 

・・・・

・・

 

そして退院した奈津子は、あの不倫騒動以来はじめて旦那と面と向かって話す。

旦那はいいわけではないといいながらも、あった事実をそのまま伝えた。

肉体関係はなかったにせよ、心が動いたのは事実・・・奈津子は、なかったことには出来ないようだ。

 

まだ前を向けないと言う奈津子。

いつ心から笑えるかわからなくてもいいのであれば関係を修復すると言う。

さらに驚くべきことを口にする奈津子。

 

なんと会社を辞めると言うのだ。

もちろん今抱えてる問題が片付いたあとだが・・・

全てが中途半端になってしまうからとのことだが・・・

 

・・・・・・

・・・

 

奈津子は斎藤常務の元を訪れ、約束の件に念を押す。

しかし常務は無茶を言うなというのだ。

確かに会社の決定に常務といえど口を挟む事は出来ない・・・か。

 

常務は奈津子に役員会に顏を出して直談判してみるか?と開始時間を教えて出て行った。

 

うーん・・・敵なのか?味方なのか?

 

弱気になった奈津子は高木に相談。

愚痴をこぼすと、「辞めますか」と言い出す高木。

弱気な奈津子に付き合うつもりはないと言う。

 

高木は、仲間たちが一人でも諦めたのか?と、奈津子を奮い立たせようとする。

そして、プレゼン準備に追われるみんなの前に姿を現した奈津子。

 

最後まで戦う事を決意したか!?

でも出来レースなんだよなぁ・・・

 

 

・・・・・

・・・

 

シティドリンクのプレゼンに勝つために戦略を練る一同。

社長が変わり、変革の時を迎えているシティドリンク。

付け入る隙は本当にあるのか?

 

ボトルを戦略に使うみたいだが・・・

 

・・・・

・・・・・・

 

一方、一条は斉藤常務の元を訪れ、新会社のポストを蹴った。

「僕は二重の裏切り者です・・・」

 

そういって去ろうとする一条を引き留める常務。

辞める覚悟があるなら話があるというが・・・。

 

・・・

・・・・・

 

そしてプレゼン当日!

家族に見送られ戦いの場に向かう奈津子!

果たして勝ち目はあるのか!?

 

会社で最後の打ち合わせ。

コンペの16時に結果が出るというが奈津子はコンペには出ないと言う。

15時からの役員会に出て営業開発部存続を訴えるつもりか・・・

 

高木と営業開発部の仲間に任せて、戦う決意を固めた奈津子!

それぞれが戦いの場に向かう!

 

・・・・・

・・・

 

なんかコンペのほうは暗雲が立ち込めてるようだが大丈夫なのかねぇ。

一方の役員会議も・・・そこに現れた奈津子。

社長に話があると、資料を提示した。

 

奈津子は社長に不正の証拠をみせるわけでもなく、シティドリンクのプレゼン資料を渡した。

 

・・・

・・・・・

 

一方シティドリンクのプレゼンも始まっていた。

高木がプレゼンしてる。

 

・・・・・

・・・

 

一方奈津子はシティドリンクのプレゼンの結果が出る16時まで決を出すのをまってほしいという。

当然待つ理由はないと突っぱねるが斎藤常務が口添えして少しの時間を得た奈津子。

16時までの間に開発部のメンバーの紹介をする奈津子。

 

一方のプレゼンの方も、営業一人一人が母へ宛てたメッセージつきボトルをプレゼン。

 

印象的にはプレゼンも役員会も上々に見えるが・・・

でもどうなんだろうな・・・

 

一方は出来レース、一方は頑固者の役員共。

どっちも難攻不落だよなぁ・・・。

 

プレゼンのラストは高木のまとめ。

奈津子を一人の母親代表で心のこもったプレゼン。

これはもしかするともしかするのか!?

 

スポンサーリンク

 

 

プレゼンが終わり、高飛車女はスラッシュアドを押すが、社長?は東邦広告を推した!

結果、東邦広告がコンペを勝ち取った!!

 

奈津子は合併を辞め、部も潰さないでくれと訴える。

すると、便乗して斎藤常務がのっかかってきた!

やはり敵のフリをしていただけか。

 

不正の話を持ち出し、役員を説得。

証拠はあるのか?と言われると、会議室に一条が姿を現した!

一条こそ生き証人。

 

全ての悪巧みを、その目で、その耳で聞いていた彼だ!

常務はさらに一押しで役員を説得。

こうして社長を追いつめる事に成功した。

 

でも、ここで東邦広告の不正を暴くと、当然ニュースになって、せっかくとったシティドリンクの契約なくなるんじゃ・・・?

 

大丈夫なのか?

 

・・・・・

・・・

 

一方、営業開発部は打ち上げをしていた。

しかし、奈津子は何処か寂しげ。

一条もその場にはいない。

どうやら辞表を出したそうだ。

 

そして奈津子もまた・・・退職を決めているようだが、それを仲間には言えず・・・

ひとり社を去る奈津子・・・

 

常務にはちゃんと退職願を出したみたいだな。

こんな別れ方でええのか奈津子・・・。

 

最後は感謝の言葉を綴っていたみたいだけど・・・。

そして奈津子が辞めた事は常務から米田へと伝えられた。

さらには米田から高木に・・・

 

・・・・

・・

 

その夜・・・

奈津子と旦那は話をしていた。

本当に辞めるのか?と・・・。

 

散々辞めろとかいってた男のセリフか( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

 

旦那は奈津子に嫉妬していたことを告白。

結局旦那は何がしたいのかよくわからんなw

 

・・

・・・・

 

翌朝、家に何やら封筒が投函されていたと旦那。

なかをあたらめると一枚のCD-ROMが。

 

奈津子が再生してみると、営業開発部のPV的なものだったww

なにこれww徹夜でつくったの?ww

 

感動する奈津子だけど、視聴者的にどうなんだこれww

 

個人的にドン引きなんだがww

 

PVの最後の一文。

 

「私達にはあなたが必要だ」

 

だってさ。

 

結局、奈津子は会社に戻るw

常務はクリエイティブ復帰を条件に撤回してくれるか?というが、

奈津子は営業開発部に戻りたいという。

 

これで丸く収まったって事やね。

 

奈津子は高木のとこに訪れお礼を言う。

そして話があるといってたことについて聞こうとするが、

逆に高木に旦那との仲は大丈夫か?と聞かれた。

 

奈津子はなんとかやってくつもりと答える。

そして高木からの話はフリーになる話だった。

 

修行してきなさい!と送り出す奈津子w

相変わらず上から目線で「使ってあげる」だってさw

「営業らしくその気にさせてください」って切り返されてたw

 

握手でお別れねん!

 

開発営業部も元通り!ってか・・・一条はどうにもならんかったんだな。

結局完全な元通りにはならなかったわけか。

 

なんかちょい切ないな。

まぁ面白かったねw

スポンサーリンク

 

 

 

■前回

 

■営業部長 吉良奈津子

■関連記事
検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA