【ネタバレ】ハリガネサービス 第108話「BAD COMPANY」【漫画感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

■ハリガネサービス
第108話「BAD COMPANY」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

自らの罪にさいなまされた雲類鷲は自分を罰するために拳を振り上げた。

自らの手で、その手を破壊するために・・・。

 

それを体をはって止めたのは上屋だった。

そしてイエローカードが雲類鷲に出された。

 

「大丈夫です叡様。

 上屋はこの程度のことで壊れません」

 

そう言って立ち上がる上屋・・・。

ここで王葉がタイムアウト。

 

ベンチでうな垂れる雲類鷲・・・

だれもが思った。

 

”雲類鷲はもう立ち上がれない”・・・と。

 

そんなうな垂れる雲類鷲の前に立つのは王だった。

 

「なんで雲類鷲をしからないんだ上屋」

『!!』

 

驚く一同。

 

「なんでもこいつのしたいようにさせてきたんだろう。

 身勝手も暴力も全部咎めもせずに甘やかしてきたんだろう。

 雲類鷲をダメにしてるのはお前だよ」

 

王は上屋を指差して正論を述べた。

 

「・・・あなたに叡様の何がわかる」

「わかりたくもねーよ。こんな甘ったれ」

 

ピーッ!

タイムアウト終了を告げる笛の音。

 

「もうタイムアウト終わりかよ!」

「雲類鷲」

 

おじいがベンチを立つ雲類鷲を止めた!!

どうやら雲類鷲交代のようだ・・・。

 

「(なぜ私は叡様のいないコートに残っているんだ・・・)」

 

・・・・・

・・・

 

そして、今語られる上屋と雲類鷲の過去。

 

川原で雲類鷲を待つ不良集団の中に上屋はいた。

 

「来たぞ!!雲類鷲だ!!一人で来やがった!」

「いい度胸だ!」

 

雲類鷲叡かっこかわいいww

なにこのイケメンww

 

楽しそうに上屋たちと喧嘩する雲類鷲叡。

 

雲類鷲は近所でも有名なお屋敷の子供だった。

 

「うお高そーなランドセルゥ!」

「坊ちゃん今日はリムジンのお迎えはないんですかぁ?」

 

そんな野次を聞こうものなら、相手が年上だろうがおかまいなしでとび蹴りをかます雲類鷲。

 

当初は金持ちへのやっかみもあって俺達のグループとよく衝突していたが、

叡は俺達が想像するような弱っちいお坊ちゃんではなかった。

 

馬があった叡は俺達の仲間になった。

まさに悪友だった。

 

だけど、その頃、俺は仲間にも言えない悩みをかかえていた。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■関連記事
検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA