【ネタバレ】ハリガネサービス 第102話「past(パスト)」【漫画感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

■ハリガネサービス
第102話「past(パスト)」

■前回はこちら

■ハリガネサービス

雲類鷲叡の強烈なスパイクが炸裂!!

しかしこれは大船のブロックに阻まれた!!

この試合初めてブロックが成功した瞬間だった!!

 

しかし、ブロックで弾かれたボールはまだ、王葉コートで生きている!!

咄嗟に拾いにいくのは上屋!!

 

「!!」

 

これに驚きを隠せない松方。

 

雲類鷲のスパイクは今日一本も・・・

ヘタしたら何試合もブロック食らってないかもしれないのに、

ついに出た、その一本を上げちゃうのかよ14番!!

 

確かにな。

これまでブロックされた事が無ければ、それを信じて、こぼれ落ちるなんて夢にも思わないだろう。

 

だから、今回のように弾かれたら、フツウは反応が遅れるはずなんだよね。

ただ、上屋は瞬時に判断して滑り込み、なんとかボールをあげた。

 

この上屋という男・・・雲類鷲の僕みたいな主従関係になかったっけ?

 

 

上屋が上げたボールは王の元へ。

その王は誰にトスを上げる!?

 

「(ことここに到れば)」

 

最早小細工もなし

 

それだ!!!と王葉のオジイ!!

 

やはり雲類鷲に上げるか!!

 

ワシらの時代以降、日本男子は世界の頂点に立っていない。

世界に高さで劣るのは仕方がない。

 

だからレシーブやサーブの精度を高めてミスを減らす戦術を目指した。

だが、結局そのやり方では大きな結果は得られなかった。

 

もう一度日本を世界の頂点に戻す。

それがワシがバレー界に果たす最後の役割だ。

 

ひたすらエースにボールを集める王葉のやり方は非効率的に映るかもしれない。

当然エースにかかる負担は膨大だ。

しかし、だからこそやる価値がある!!

 

厳しい状況をものともしない、高さと決定力で世界と真っ向勝負できる。

時代を変えるエースを生むために!

 

 

再び豊瀬に突き刺さる雲類鷲の強烈なスパイク!!

果たしてその行方は!!?

 

ピッ・・・

審判の笛が鳴る!!

 

王葉のスコアボードに25の文字が・・・

 

その瞬間ワッと王葉コートがざわめきだした。

 

 

終わってしまった・・・

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■関連記事
検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA