【ネタバレ】アルスラーン戦記 第9章「仮面の下」【アニメ感想】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

■アルスラーン戦記
第9章「仮面の下」

カーラーンを打ち破ったアルスラーン一行は王都エクバターナへ向かう。

一方銀仮面卿ヒルメスは魔術師に呼ばれ、カーラーンの絶命を伝え知る。

 

それにしてもアトロパテネの戦いでの霧は、やはり魔術的なものだったのか…。

 

アンドラゴラス三世が存命と知り、居場所を探るべく、王都エクバターナに潜入したナルサスとダリューン。

街の有様に唖然とする。

 

一方イノケンティス7世は、パルス王妃タハミーネに求婚はっきり伝えられぬまま

つきまとっていた。

それを遠くから見つめる弟のギスカールと銀仮面卿。

 

イアルダボート教の大司祭であるボダンはタハミーネとアンドラゴラスを処刑しない国王に苛立ちを募らせていた。

そして、その苛立ちをパルス図書館の貴重な歴史書などの書物を焼く事で慰めていた。

 

これには一部のルシタニア兵もやりすぎだと見て抗議するも

「異教徒の書など」と聞く耳は持たない!

それどころか兵を燃え盛る中に突き落とすなど、

ナルサス曰く蛮人にも劣る猿だという。

 

ナルサスはボダンを自らの手で討つことを誓う。

 

 

一方王都から離れ、見張りをするファランギースとギーヴ。

他愛無いやりとりをしていると、ルシタニア兵の姿を目撃する。

 

そのころルシタニアに潜入したナルサスとダリューンを心配するアルスラーン。

エラムと共に水を汲みに村に向かう。

 

その頃村には先ほどのルシタニア兵がやってきていた。

ファランギースとギーヴは特に何もしなかったのか?

 

村ではルシタニア兵がデカい顔で村民から食料を巻き上げていた。

一方エラムは人がいない事を確認して、アルスラーンと共に井戸へ。

アルスラーンは井戸の水を組むも桶の紐を切ってしまう。

 

エラムがなんとかするといい、アルスラーンは民家に身を隠すことに。

するとそこに村人にたかるルシタニア兵が現れた!

娘を盾に金銭を要求するルシタニア兵!

これを見かねたアルスラーンはクワを構えルシタニア兵に立ち向かう!

 

そこにルシタニア兵の隊長が現れ部下を叱り、蛮行をやめさせる。

隊長はアルスラーンを見てあの時のボンボンだと思い出す。

アルスラーンもまた少年兵だと思い出す。

 

スポンサーリンク

 

 

思わぬ再会を果たした二人。

少年は事ある毎にイアルダボート教の名を出す。

相当熱心な信者のようだ。

 

アルスラーンがイアルダボート教を信仰できなかったらどうする?

というと、そんなことはありえないという。

なんかちょっと怖いんだけど((((;゜Д゜)))

 

まさにイアルダボート教は絶対の神のようだ。

 

「人を平等と言うのならば何故エクバターナに攻め入ったのだ?

 パルスの奴隷制度を差別というなら王都にいる民へのルシタニアの行いは

 なんと説明する?」

 

これに少年は異教徒には差別してもいいのだと返す!

 

「矛盾していないか!?」

 

少年は洗脳にも似た状態に陥っているのかもしれないなぁ。

言い争う二人。

 

そこにエラムが帰ってきた!

一触即発になるところをアルスラーンの口添えでなんとか納める。

 

最後に一つ聞きたいとアルスラーンに尋ねるルシタニア兵。

「あの時一緒にいたルシタニア人を知らないか?」

 

アルスラーンはすでにしんだと伝えた。

 

「そうか」

 

と答えると黙って小さな手帳のようなものをアルスラーンに渡した。

どうやらイアルダボート教の教えとやらが書かれたもののようだ。

 

 

一方王都に潜入しているダリューンとナルサスは

酒に酔ったカーラーンの部下と遭遇。

ダリューンの顔を見て血相を変えて逃げ出す。

 

ナルサスは自らを餌に敵をおびき出す策に出た。

 

程なくして一人になったナルサスを囲むカーラーンの部下たち!

アルスラーンの居場所をナルサスから聞き出すつもりのようだったが、

逆にナルサス一人にやられてしまう。

 

そして生き残った一人を脅し、アンドラゴラスの居場所を聞き出す。

しかしどうやら本当に知らない様子だ。

得られた情報と言えば、タハミーネとイノケンティスが結婚するという噂だけ。

 

二手に別れ再び釣りをするダリューンとナルサス。

 

その結果ダリューンは大物を釣り上げる!

銀仮面卿ヒルメス!

 

ダリューンはヒルメスと刃を交えるが、実力は拮抗!

あのダリューンと互角とは!

 

ヒルメスは賊がダリューンだと知るとヴァフリーズをやったのは自分だと告白!

これに勢いを増したダリューンはヒルメスの銀仮面を弾き飛ばす!

 

素顔を晒されたことに怒りを露わにするヒルメス!

全力でぶつかりあう両名!

ダリューンが押されはじめ、あわやという所でナルサスに助けられる。

 

二人がかりでヒルメスと戦うがそれでも倒せないほど強い!

 

ついにはルシタニアの増援が現れた!

これはまずいと逃げ出す二人。

 

まさかあれほどの手練れがいるとは・・・

 

馬で遠くまで逃げる二人。

いずれは決着をつけねばならない相手が一人確かになった。

 

 

次回へ続く!!

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回

 

■アルスラーン戦記

 

2015年5月31日の記事移植

関連記事
■関連記事
人気記事
■人気記事
人気記事
スポンサーリンク

スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA