【世界の何だコレ!?ミステリー】魔の三角海域バミューダトライアングルの謎に迫る!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

f:id:sarapan2014:20160622212143j:plain

バミューダトライアングルはオカルト好きなら誰もが知ってると思うけど、2016年・・・初めてその謎が解明されようとしているようだ。

 

f:id:sarapan2014:20160622212302j:plain

バミューダトライアングルとは、

バミューダ諸島とマイアミ、そしてプエルトリコを結んだ三角形の海域の事をいうのだが・・・

何故、魔の三角海域なんて言われているのか?

実はこの海域はおろか、空域で船や飛行機が消息を絶つ事故が本当にあとを絶たないのだ。

 

有名な話でいえば1945年のフライト19失踪事件だ。

この海域を飛んでいた5機の戦闘機が同時に消息を絶ったのだ。

当時のパイロットの最期の通信記録では2つのコンパスが同時に壊れ、パニックに陥っていたようだ。

 

その後、この5機を探すために飛び立った飛行機までもが行方不明に・・・

 

こういった事件が本当に多発する海域なのだ。

今まで、高波・暴風雨説、UFO説、ブラックホール説などいわれていたが、

今回はじめて科学的に解明されるかもしれないというのだ!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■関連記事
検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA