【月9】ラヴソング 第6話感想【ネタバレ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 ■ラヴソング 第6話

さくらと広平の曲作りが本格始動!

 

仕事にも張りが出るさくら。

ついつい仕事中も歌を口ずさむ。

だけど全てが順調でもなく、突然の客対応とかはまだまだ吃音できっちり喋れないようだな。

 

少なくとも広平との曲作りに関わってる時は幸せいっぱいなさくら。

でも広平は見た通りのイケメン、女関係も荒れてそうだ。

さっきも喫茶店でばったりあった美人・・・

 

さくらはどういう関係なのか問い詰めるも、ただの知り合いだという。

イケメンあるあるなのかねぇ。

あぁいうのって女性からするとやっぱ嫌なもんなのかねぇ。

 

そんなさくらの好きなタイプはダメな男。

たまに優しいとこが好きというが・・・そういうもんなのかねぇ。

僕も相当ダメな男なんだが、やっぱ単純にダメなだけじゃダメなんだっろうね( ・`д・⊂彡☆))Д´;) パーン

 

そんな折、広平はさくらに歌詞を書いてみないかという。

最初は戸惑うさくらだったが、やってみたいという。

 

こうして始まった、はじめての作詞!

何度も何度も書き直し、自分の気持ちを綴っていく。

そしてついに完成した歌詞。

 

しかしさくらはそれを広平に見せれないでいた。

自身がないのだと。

 

一方の広平は自分の納得いく曲が出来ないままデモテープの締切が迫っていた。

昔の仲間にハルノがいないと曲が出来ないと指摘され、何も言い返せない広平。

 

その夜、さくらは思い切って広平に歌詞を送る。

それを見た広平は一気にインスピレーションが湧き、一気に曲を作り上げてしまった!

 

つまりさくらの歌詞はハルノと同じくらいの力を持っていたのかな。

 

スポンサーリンク

 

歌詞も曲も完成した!

あとは曲調に合わせて歌詞を乗せていく。

締め切りは明日!

今日中に完成させなければ!

 

さくらへの想いを断ち切れない空一は朝の時点でレコーディングが終わったら打ち上げしようとラインを送るも、バイト終りのラインを見たら既読のまま返信はなかった。

 

そんな3年に1度のブルームーンの夜・・・

空一を誘う涼子からのメッセージが届く。

 

さくらと広平がひっしに作業をする中で、空一は彼女と待ち合わせ。

そのままホテルへGO!!

 

涼子は空一がさくらへの想いがあることを知りながら「好きにしていいよ」という。

お茶の間に厳しい激しいラブシーン((((;゜Д゜)))

 

濃厚なのやめてくれよww

 

そしてシーンは代わり、今度はライブハウスで飲んでいた弦巻と夏希がイチャイチャムード。

この二人昔は付き合っていたのか。

 

今フリーな二人。

弦巻は夏希に想いを寄せるも、夏希は未だに広平に気持ちがある。

そういうこともあって、弦巻を拒む夏希。

 

一方、さくらはまだ曲に歌詞を当てはめれずにいた。

締め切りは明日。

もう時間もないし、妥協ムードの広平。

うって変わってさくらは、こだわりたいという。

 

自分にとっては人よりも言葉が大切だと言うさくら。

二人は気分転換に外に散歩にいくことに。

 

レコードショップを巡ったり、散歩する中で節々に感じる広平へのさくらの気持ち。

広平がその気持ちに気付いているのか気づいていないのかは解らないが・・・

 

結局今も広平は亡くなったハルノへの気持ちを絶てずにいるのかな。

広平は締め切りは考えずとことん納得するまでやっていいというが、さくらは締切に間に合わすと宣言!

 

これが若さか!

 

部屋に戻り、作業を進め、ようやくレコーディングに入る二人。

結局徹夜作業になったようだ。

 

一発勝負でレコーディングする二人。

とてもいい曲に仕上がったようだ。

さくらの広平を想う曲と言っても過言ではないラヴソング・・・

 

全てが終わり、ベッドに横になる広平。

そのまま寝落ちしてしまう。

 

さくらはそんな広平のとなりにちょこんと寝る。

 

可愛すぎる

 

恋する佐野さくらなのか、それを演じる藤原さくらなのか。

とにかく彼女が可愛すぎる。

 

ホントに女優初めてなのか。

なんか凄くいい感じに思うんだけどなぁ。

 

個人的には大原櫻子より好きだなぁ。

 

いつの間にかさくらも眠ってしまうが、そこに夏希が訪ねてきた。

さくらを起こさぬように布団をかけ、玄関に向かう広平。

 

夏希は差し入れをもってきてくれたようだが・・・

ベッドにさくらが寝ているのを見て、急に動揺を始める。

そして急に涙を流しだす。

 

そんな最中でまたしても家のチャイムが鳴り響く。

一体誰が?

 

出てみると弦巻だった。

デモテープを取りに来たようだ。

夏希がいる事に驚く弦巻。

 

夏希は送って行ってと弦巻に車を出させる。

そんな車中で出来上がったばかりのデモテープを聞く弦巻。

 

曲が始まって数秒・・・急に態度を変え、車を飛び出す夏希!

一体何があったのか。

 

・・・・・・

・・・

 

夏希は帰宅後、姉であるハルノのCDを漁りはじめ、一枚のCDをプレイヤーにセットし、流し始めた。

 

すると驚くべきことに、その曲の出だしはさくらの新曲とまるで同じだったのだ!!

 

怒りの感情が爆発したのか、CDを入れた箱を払い落とす夏希!

つまり広平はハルノの曲をそのまま使うなり、リスペクトするなりで使ったのかな。

一応未発表作だから大丈夫的な感じなのか・・・

 

何もしらないさくらは自分のために曲を作ってくれたと思っている。

それが元相棒の曲だと知ったらどう思うのか・・・

次週が凄く気になるところだが・・・1週間お待ちを!

 

というわけで次回に続く・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

■前回 

 

■次回  

 

■ラヴソング

 

■アニメ感想

■プレイ日記

■ドラマ感想

■漫画感想

■日記

■ニュース

関連記事
■関連記事
人気記事
■人気記事
人気記事
スポンサーリンク

スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA