【ネタバレ】ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第5話「虹村兄弟 その3」(前編)【アニメ感想】

スポンサーリンク

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
第5話「虹村兄弟 その3」

■前回はこちら

虹村億泰の兄・形兆を倒した仗助だったが、ダメージは結構あるようだ。

一刻も早く、この館から立ち去りたい仗助だったが、康一は形兆の持っていた弓矢を探すべきだという。

 

だが虹村兄弟の父親がいるかもしれないこの状況・・・やはり撤退を勧める仗助。

仗助はすでに戦えない程のダメージを負っているようだ。

 

自分は仗助がいたから助かったが、このまま野放しにして、この町の人間が射抜かれ、

下手をすればしんでしまうこの状況を康一は見過ごせないようだ。

 

康一は仗助にここで待ってるように言い、自分は階段を上り屋根裏部屋へと向かう。

見た目に反して勇気のある康一。

やはり放っておけなかったのか仗助もあとをついていく。

 

二人して屋根裏部屋に向かう。

そんな折、部屋の扉が開いており、その隙間から弓矢が壁にたてかけられているのを発見する康一!

 

しかし、部屋の中からは不気味な唸り声が聞こえる!

 

明らかに何かが潜んでいる・・・!

鎖の音から、何者かが繋がれていると予測する仗助。

 

「犬かな?・・・この音、人間じゃないよ。動物っぽい音だ」

 

康一は思い切って扉を開ける。

すると鎖が見えると同時に、何者かは驚いて扉の影に隠れてしまった。

これは怖い・・・

 

ただでさえ薄暗い部屋なのに・・・

得体のしれない化け物がいるかもしれないとか、ビビらない方がおかしいわな。

仗助は康一に1,2の3でドアを蹴り、中の猛獣を脅かすようにいう。

同時に仗助は中にある弓矢をへし折るという。

 

康一は勇気を出して合図と共に蹴りを繰り出した!

その時だった!!

中にいた得体の知れない化け物が、康一の放った蹴り足を掴み、部屋へと引きずり込んで行く!!

 

仗助はすぐさま康一の腕を掴み、これ以上中に引きこまれないよう引っ張る!

一瞬見えた何者かの手・・・あれはスタンドではなく実体だと仗助はいうが・・・

どうみても人間の手ではなく、化け物の手だった!!

 

「たすけてええ!!」

 

仗助は思わずクレイジー・ダイヤモンドを出して、康一の足を掴む何者かの手を殴りつけた!!

すると、何者かの手は手首から弾き飛び、肉片や血?が康一の体に飛び散った!

 

「切断するつもりは・・・」

 

床に転がる緑色の不気味な手・・・

明らかに人ではない・・・

 

唸り声をあげて、部屋の隅に移動した”何者”か・・・。

天窓から差し込む僅かな日差しで、その何者かの体がうっすら映し出される。

 

再生した・・・!!

 

ヤツの千切れた手が見る見るうちに再生した。

一体これは・・・

 

徐々にこちらに近づいてくる化け物・・・

そして天窓の日差しに当てられ、その顔が二人の前にあらわになる!!

 

『ひえええええぇえ!!』

 

明らかに化け物の姿がそこにはあった。

仗助も康一も思わず悲鳴をあげてしまうレベルだ。

 

化け物は千切れた手を回収するなり、再び部屋の隅に移動・・・

食い始めた(((( ;゚д゚)))

 

恐すぎる。。。。

 

「ついに見やがったな・・・見てはならねぇものをよぉ!!」

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■おすすめ記事