↓記事に移動する

【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 第5話「今 僕に出来ることを」【アニメ感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

■僕のヒーローアカデミア
第5話「今 僕に出来ることを」

f:id:sarapan2014:20170325120341p:plain

■前回はこちら

雄英への入学が決まった出久!

合格通知が来た次の日の夜、海浜公園に呼び出された出久。

相手はオールマイトだ。

 

オールマイトは出久を気遣って審査にはノータッチだったという。

しかし、オールマイトが雄英の教師になるとは驚きだと出久はいう。

どうやら後継を探すタイミングで雄英から話が来たという。

 

なるほど・・・本来は雄英の生徒の中から優秀な後継を探すつもりだったようだ。

 

話はさておき、ワン・フォー・オールの力に体が耐えれなかった事を相談する出久。

オールマイトは、それは仕方ない事だという。

確かに個性が身について程ないのだから自由に扱えないのは当然至極。

 

オールマイト曰く、今は0か100の出力だが、いずれは調整が出来るようになるという。

器を鍛えれば鍛えるほど、自在に力を操れるのだと。

 

力は受け継がれた。

今はまだ小さな火種だが、これから様々な苦難の中で成長していく!

一方のオールマイトは逆に、徐々に力を失っていくってわけね・・・

 

・・・・・・

・・・

 

そして4月!

いよいよ新生活の始まりだ!

雄英のヒーロー科は推薦枠の4名を除く、一般入試枠は36名。

18人ずつで二クラスしかない。

 

そこに300超の応募があるわけだ。

出久はその中から選ばれたのだ。

これは凄い事だろう。

 

1-A組・・・それが出久のクラスのようだ。

出来れば爆豪や入試の優等生とは一緒のクラスにならないことを願うも、

教室の扉を開けてみれば、早速その二人が揉めていた。

 

残念!二人は一緒だ!

メガネの優等生の名は飯田天哉。

聡明中学出身のエリートのようだ。

 

そして、出久が入試で助けた女の子、麗日お茶子も一緒のクラスのようだ。

照れまくりの出久ww

これが共学か・・・( ・`д・⊂彡☆))Д´;) パーン

 

そんな出久だが、雄英に合格したことが爆豪にバレた時は一悶着あったようだ。

爆豪は平凡な学校から唯一の雄英進出のエピソードで泊をつけたかったみたいだが、

結果は出久も合格。

 

その結果に不満を漏らす爆豪だった。

しかし、彼の威圧にも脅しにも出久は屈しなかった。

ヒーローになれると言ってもらえた、その気持ちに応えるためにも、

雄英にいくのだと・・・初めての反抗だった。

 

 

・・・・

・・

 

一方、1-Aの担任の先生が現れた。

ヒーローマニアの出久も見たことの無いプロヒーロー。

相澤消太先生・・・ちょっとヤバそうな雰囲気の人だ。

 

早速体操着を着てグランドに出ろという。

入学式とかそういうのなしなのか!?

 

オールマイトも危惧する相澤先生とは一体・・・

 

そして始まる個性把握テスト!!

入学式もガイダンスも出る暇はないと相澤先生は言う。

 

それにしても中学時代にあった個性禁止の体力テストとは違い、個性をフル活用した体力テストか。

ボール投げ、立ち幅跳び、50m走、持久走、握力、反復横跳び、上体起こしに長座体前屈の計8種目。

 

入試で一番の成績を収めた爆豪に中学時代のボール投げの記録を聞く先生。

67mだと答える爆豪。

個性を使ってやってみろという相澤先生。

 

爆豪は個性を使いボール投げをした結果、705.2mの結果を出した((((;゜Д゜)))

 

先生曰く、まずは自分の最大限を知ることこそがヒーローの遡上を形成する合理的手段だという。

 

生徒たちは個性をフルに使える事を面白そうと盛り上がるが、

相澤先生は実に冷ややかだった。

ヒーローを目指す3年間・・・そんな腹づもりでいるのかと問う。

 

「よし・・・」

 

とニタリと笑い、とんでもない事を言い出す!!

八種目のトータル成績最下位は見込なしとし、除席処分にするというのだ!!

 

今は0か100かの個性・・・ワン・フォー・オール・・・

8種目もあるのにどうする!?出久!!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■関連記事
検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA