【映画感想】名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)は最高傑作を塗り替えた【ネタバレ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク

■名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)

f:id:sarapan2014:20160416173206j:plain

前半にネタバレ無しの感想を書きたいと思います。

前日に最高傑作と名高い業火の向日葵みたあとですが・・・これは・・・

 

やばい。最高傑作かもしれない。

 

最初から最後まで目が離せなかったです。

 

アクション凄い!!

今回はアクションがヤバイ!!

格闘戦、あります!!

 

カーチェイス・・・あります!!

 

冒頭から面白い・・・

僕は今朝も早く起きてずっとブログ更新していたのと、満腹状態で映画に臨んだため、

もしかしたら途中で睡魔に負けるかもしれない・・・

なぁんて思ってたんですが・・・

 

寝るどころか、一瞬も目が離せませんでしたよ!!

 

あっという間の二時間!

え?もう終わったの!?ってくらいに最初から最後まで飽きる事がなかったです。

 

今回はいつものコナン映画のように特定の犯人はいません。

なので犯人シルエットの、別の意味での黒ずくめさんは一切登場しませんw

 

 

とにかくコナン、FBI、警視庁、公安、黒ずくめの組織が絡み合う!!

もう、めちゃくちゃ面白かった!

 

そして・・・切なかった・・・。

 

ごめんね。

僕は後半泣けてしまった。

 

今回のコナンは子供向けじゃないかもしれない。

この切なさは、むしろ大人が感じ取れるものじゃなかろうか。。

 

今回のゲスト声優の天海祐希さん・・・

流石の一言につきる

 

実に自然だった、素晴らしかった!

そういう点も含め、今作は全体的に隙が無かったように思います。

僕がみたコナン映画の中では最高傑作と言っても過言じゃないと思います。

 

 

今回、黒ずくめの組織が絡んでくるということで原作と何か繋がるのでは?

って思うファンも少なくないと思います。

僕は最近はもっぱらアニメ視聴しかしていないため、原作が現在どうなってるのかはわからないのであれですが・・・

 

うーん、やっぱ言っちゃうとネタバレになりそうなんで辞めときますw

 

という事で、続きはネタバレを書いていきます!!

 

 

スポンサーリンク

 

物語は警察庁警備局・・・所謂公安のサーバールームから始まる。

謎の女性が1人、公安のデータベースから機密情報を盗み見ていた。

その情報とは黒ずくめの組織に潜入している各国の秘密諜報員のリスト。

Non Official Cover・・・通称NOC(ノック)リスト。

 

謎の女性は、ノックリストからスタウト、アクアビット、リースリング、キール、バーボンと・・・組織の中で知っている顔を洗っていく。

そんな最中、公安が彼女に気づき包囲しようとする!

 

しかし、謎の女性は凄まじい身のこなしから、包囲を易々と突破!

ちなみにこの謎の女性はカツラを被っていたようで、逃げる途中、銀色の長髪があらわになった。

そのまま警察庁を脱出し、車で逃走!!

 

待ち構えていた公安の安室透は車で彼女を追う!

監視をしていたFBI・赤井秀一も彼女を車で追う!

凄まじいアクションからカーアクション!

息を飲む展開の連続!!

 

冒頭から凄まじいテンションの上がりっぷり!!

 

謎の女性は車で逃げる中、片手でスマホを操作し、組織にメールを送る。

「NOCは、スタウト、アクアビット、リースリング。あなたが気にしていたバーボンとキール」

と打ち込み、送信。

 

激しいカーチェイスの末、謎の女性は首都高を逆走!!

スピードを落とさず、向かい来る車をかわしつつ逃走をはかろうとする!

しかし、そこに待ち構えていたのは、ライフルを構えた赤井だった!

 

謎の女性は赤井を轢くつもりで、スピードを160km以上に上げる!!

しかし、正確無比な赤井の射撃は彼女の車に命中!!

そのままスピンして壁に激突し、大破!!

彼女は咄嗟に海に飛び込み、逃げおおせてしまう。

 

そんな彼女は闇夜に輝く、東都水族館の光を目にした途端、絶叫!!

一体何があったのか・・・

 

・・・・・・

・・・

 

翌日、コナンと灰原、少年探偵団は阿笠博士と共に、リニューアルした東都水族館に遊びに行く。

そこでコナンは、傷を負い、ベンチで呆けている謎の女性を見つけ話かける。

この女性は前日、公安に忍び込んだ謎の女性だが、コナンがそれを知る由もない。

 

どうやら彼女は記憶を失っているようで、見につけていたスマホも壊れてしまっていた。

彼女が持っているものは5色のカラーセロハン?のみ。

コナンは、彼女の身の周りに散乱した硝子片やガソリンの匂い、傷などから交通事故だと睨む。

ちょうど前日、この付近で不審な事故も発生している・・・これは何かある・・・

そう睨んだコナンだったが、警察に連絡をするというと謎の女性は酷く焦りだす。

 

警察は嫌だと、反射的に反応したのだろうか?

その後、少年探偵団も彼女が記憶を取り戻す為に協力をすることに。

一方コナンは彼女にナイショで警察と蘭伝いで毛利小五郎にも連絡。

 

そんな最中、黒ずくめの組織のベルモットも水族館へ現れた。

恐らくは謎の女性の回収が目的だろう。

 

・・・・・

・・・

 

水族館内で係員に女性を知らないか聞いて回る一行。

そんな中で立ち寄ったダーツゲーム・・・謎の女性は三回投げ、三回共に中央に命中させ、景品のイルカのキーホルダーを三つゲット。

 

それぞれ、元太・歩美・光彦にプレゼントをする。

 

その後、元太たちは謎の女性と共に観覧車へ向かう。

その時ベルモットが謎の女性に接触するも、記憶を失って気づかない。

何かトラブルでも起きたのか?・・・ベルモットはジンに報告をする。

 

元太たちが上のほうまで進んでいる中、コナンと灰原がようやく下に到着。

それを見つけた元太が身を乗り出してコナンたちに手を振る!!

だが、これがまずかった!!

 

身を乗り出したため、外壁にぶつかり、なんと元太が外に投げ出されてしまう!!

謎の女性はなんとか元太を引き上げようとするも、あの体重だ・・・無理がある!!

 

程なくして、元太は引っ掛けていた手もはずれ、まっさかさまに落下!!

ここで謎の女性は常人離れした動きで外壁を走り出し、落ち行く元太をキャッチ!!

なんとか事無き終えた・・・。

 

だが、これを見ていた灰原を衝撃が襲う。

あの体捌き・・・ダーツの腕前・・・そしてオッドアイ・・・

 

思い当たる節がある

 

灰原はコナンに、彼女が黒ずくめの組織のNo.2ラムの可能性があるという。

ラムは組織内でも、情報が極端にすくなく、その性別も、背格好も様々な言われ方をしている。

 

ただ解っている事といえば、片目が義眼であるということ。

もしあのオッドアイが義眼であれば、ラムの可能性が濃厚になってくる。

 

もし記憶喪失のフリをして近づいてきたならば・・・皆が危ない!!

コナンと灰原が子供達と博士に目を移すと・・・子供達と謎の女性の姿がない!!

かわりにハトまみれになってる博士の姿が!!

 

「なにやってんだよ博士!!」

 

クッソワロタwwww

映画館にも笑いがこぼれるww

 

走って近づくコナンと灰原に驚いたハトが逃げていくw

 

「ハトポッポが~~~!!」

 

じゃねぇよww

クッソワロタww

 

どうやら子供達はコナンたちにナイショで観覧車に乗っていたようだ。

そんな最中、観覧車が頂上付近で急に謎の女性が苦しみだした!!

 

「スタウト・・・アクアビット・・・リースリング・・・バーボン・・・キール・・・」

 

謎の女性は頭を抑えて苦しみながらそう呟いた!

歩美は光彦の携帯ですぐにコナンに連絡!

状況を説明する。

 

その後、彼女は水族館の医務室に運ばれた。

高木刑事と佐藤刑事も到着。

彼女の身柄は警察が引き取ることになったようだ。

 

コナンは医務室の先生から彼女がしていたカラーコンタクトを預かった。

どうやら彼女はオッドアイじゃなくてカラコンをしていただけだったようだ。

コナンは念のため、目の色を確認。

 

すると先生は透明の目だったと話した。

生まれつき瞳の色が透明に近いのか。

結局オッドアイには違いなかったようだ。

 

 

一方黒ずくめの組織は、謎の女性からの情報で、ノックリストにあった、

スタウト、アクアビット、リースリングをそれぞれ各国で始末した。

そして、ジンたちの次の目的地は日本だという。

 

 

3人の秘密諜報員が次々と消された事を知ったFBIのジェイムズはコナンと合流。

ノックリストが情報漏えいしたことは明白になってしまった。

このまま謎の女性が記憶を取り戻し、組織にノックリストが渡れば世界中の諜報機関が崩壊してしまう!

 

手がかりは彼女の持っていた壊れたスマホ・・・

これの修理を阿笠博士が進めているという。

 

 

一方少年探偵団は謎の女性のお見舞いに向かうが、警察が身柄を預かっているため

当然会うことは出来ず・・・

 

しかしめげないのが光彦である。

こんな時のために・・・と、高木刑事に電話をかけるww

 

高木刑事の手配で何とか女性と顔を合わせる事は出来たのだが、

すぐに公安がやってきて彼女の身柄を引き取ると言ってきたのだ。

彼女が公安に忍び込み、機密情報を盗み見ていたのは明白・・・

警視庁の目暮警部もこういわれてしまっては引き渡すしかない。。。

 

元太は、コナンから預かった白いイルカのキーホルダーを彼女に渡した。

コナンがダーツゲームのところを訪れた時に係りの人に貰ったものだった。

女性は笑顔で受け取る。

 

・・・・・

・・・

 

一方、ノックリストに名前があったキールとバーボンはすでに、何処かの倉庫に幽閉されていた。 

ジン・ウォッカ・ベルモットの仕業か・・・。

 

キールは人気アナウンサーでCIAの水無怜奈、

一方バーボンは公安の安室透・・・本名・降谷零・・・。

2人は頑なにノックではないと言い張るが、ジンは疑わしきは罰するといい、

銃口を2人に向ける!!

 

そんな折、謎の女性のスマホの送信データが復元できた阿笠博士!

急いでコナンは送信相手にとある文面を送る!

 

「NOCは、スタウト、アクアビット、リースリング。あなたが気にしていたバーボンとキール」

 

このあとに続く文面・・・

バーボンとキールはノックじゃなかった。・・・と。

 

 

ジンが二人を始末しようとする時に、ベルモットに連絡がいく。

どうやらコナンの送信した偽装メールを見て2人がシロだと認めたようだ。

だが、完全に疑いが晴れたわけではない。

 

本当にこのメールをあの女性・・・コードネーム『キュラソー』が送ったのか確かめるまでは保留だという。

 

そんな折、突如倉庫内の明かりが何者かに射撃された!!

暗がりの中、逃げ出す安室!!

 

ジンは二人の始末はとりあえず置いておいて、まずはキュラソー奪還を優先させるという。

ちょうど公安が彼女の身柄を引き取ったというし、ねらい目だと思ったのだろう。

 

 

一方、少年探偵団は観覧車の夜景を謎の女性に送るため、再び水族館へ!

困った時のお金持ちw鈴木園子に電話して頼み込む光彦ww

 

こんなガキの頃からこれでは、ヤバイ大人になっちまうぞww

 

結局蘭ねえちゃんも一緒に観覧車を楽しむ事に。

一方公安も水族館に来ていた!

どうやらキュラソーを観覧車に乗せるつもりのようだ。

 

これを知ったジンたちは、水族館で奪還計画を実行する模様!!

一方コナンも水族館に駆けつけたが一歩遅かった!

 

すでに観覧車に公安・風見とキュラソーが乗ってしまった!

それと少年探偵団の3人も観覧車に!!

 

 

緊迫する水族館!!

コナンは関係者入り口から忍び込み、そこに爆弾が仕掛けられている事に気づく!!

早く何とかしなければ!!

 

そんな折、コナンのいる観覧車の内部というか制御部に公安・安室の姿が!

そしてFBI赤井の姿も!!

 

彼等は観覧車の上にはい上がり、因縁にケリをつけるため、殴り合いをおっぱじめる!!

 

もはやこれ逆襲のシャアだろ!!ww

 

「ちぃッ!」

 

とか絶対狙ってるとしか思えないw

そんなこんなで殴り合いをしていて、脚を踏み外し、内部に落下!

そこでコナンと合流!ようやくケンカも終わり、それぞれが出来る事を始める!!

 

赤井は黒ずくめの組織が絶対に上空より狙ってくると見て射撃位置に向かう。

安室は仕掛けられた爆弾の解体を急ぐ!!

そしてコナンも、5色の配色が重なる、水族館のライトアップがキュラソーにとっての鍵と見て、彼女の元へ向かう!!

 

この混戦・・・一体どうなるのか!!

 

 

その後、キュラソーを乗せた観覧車は頂上に達し、五色のライトが重なるのを見たキュラソーは激しい頭痛に襲われる!

 

そして彼女は全ての記憶を取り戻してしまう!!

 

一緒に乗っていた公安の風見を制圧。

これを見ていたベルモットが彼女に連絡。

そこでキールとバーボンが白というメールを送ったのはキュラソーなのか尋ねる。

するとキュラソーは彼らを庇うように本当だと答えた。

 

彼女は記憶を取り戻したが、記憶を失っていた時に作られた思い出も残ったままだった。

白いイルカのキーホルダーを見て、気持ちが揺れるキュラソー。

そして彼女は決断する・・・別の道を行く事を!

 

コナンがキュラソーのいたゴンドラに到着した時には、すでにキュラソーの姿はなかった!

 

キュラソーを救出にやってきたジンたちを乗せたヘリ。

暗視スコープにキュラソーの影が映っていない!

代わりに子供の影が映っている!

 

他の場所も調べた結果、何者かが爆弾解除をしている様子も見られてしまう!

あくまでもシルエットなので、誰がやっているかまでは確認できないようだ。

 

異変を察知したジンはキュラソーもろとも水族館を潰す事を決めた!

爆弾のスイッチを押すジンだったが、ほぼ同時・・・若干早く安室が爆弾を解除に成功!

 

しかし、ジンはすぐに別の手段に出る!

ヘリによる銃撃!!!

 

 

そんな最中、灰原は少年探偵団を救うべく観覧車に上る!!

そこでキュラソーと遭遇する灰原。

全ての事情を呑み込んだキュラソーは灰原と共に逃げる事を決めた。

 

だが、子供たちがまだ取り残されている事を知ると、自ら囮役を買って出るキュラソー!

銃撃無差別からキュラソー一点に集中されるようになり、灰原はその隙に子供たちの救出に向かう。

 

銃撃は激化するばかり!

キュラソーも相当な深手を負っていく!

そして大きな爆破・・・!キュラソーも巻き込まれる!

 

赤井はジンのヘリを撃ち落とそうとするも暗視スコープがやられて上手く狙いが定まらない。

姿さえ見えれば・・・しかし水族館全体が停電した今、それを知る術はない。

 

そこに爆破を止めた安室もやってきた。

 

「位置がわかればいいんだな!」

 

そういって奴らが仕掛けていた爆弾を投げ、爆発で奴らの正確な位置と姿かたちを露わに!

コナンもサッカーボールをシュートしアシストし、最期は赤井がとどめを刺した!

 

黒づくめのヘリは墜落は免れたものの、ダメージは大きく、撤退を余儀なくされる!

しかしジンは諦めない!自らヘリを操縦し、最後の一撃を放つ!

 

これにより観覧車は滑落!!

このまま車輪が進めば、水族館にぶち当たり多大な犠牲を生むことになる!!

コナンはこれを阻止すべく、赤井と共に動き出す!

 

なんとか止めようとするも、ギリギリで止まらない!!

そこに一基のシャベルカーが現れ、身を呈してこれを止めようとする!

運転していたのはキュラソーだった。

 

すでに大きな怪我を負いながら命がけの突撃・・・

最後はコナンがサッカーボールを膨らましてこれを完全に止めた。

しかし、ショベルカーはぺしゃんこに・・・。

 

 

少年探偵団も灰原も無事だった。

皆が救われた・・・ただ一人の犠牲をもって・・・

 

その後、ショベルカーの中から見るも無残な遺体が見つかった。

傍らには黒焦げたイルカのキーホルダーが・・・

 

 

彼女は特殊な記憶力をラムに買われ、ラムの腹心になった。

何色にでも染まる事の出来るキュラソー・・・

 

少年探偵団との出会いが彼女を変えたのかもしれないとコナンが締めくくった。

純黒の悪夢・・・っていうタイトルの純黒ってのはこのイルカの事なのかな。

 

 

とにかく面白かったです。

時間が経ってしまって後半かなり間違いがあるかもですが、

初見一回見ただけでラストまで書いたので、その辺はご容赦願えればと思います。

 

ちなみに、

劇場版21弾は平次が主役っぽいです!!

舞台は京都かな?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

検索

しろログには2000以上の記事があります!
もしかしたらアナタの探してる記事があるかもしれません↓
是非検索してみてください!

データベース

関連記事
■関連記事
人気記事
■人気記事
人気記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA