【ネタバレ】だがしかし 第12話(最終話後編)「ミルクキャラメルとサクマ式ドロップと…」【アニメ感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

スポンサーリンク

■だがしかし

第12話「ミルクキャラメルとサクマ式ドロップと…」

前編はこちら

 

喫茶エンドウで、コーヒーも飲まず物思いにふけるココノツ。

 

「豆君、やっぱり僕・・・ほたるさんの事、縛ってるのかな?

 

完全にスケベな想像するサヤ師ww

あの兄あれば、この妹あり・・・かw

 

どうやらココナツは先日(11話)、ほたるさんに言われた事を気にしているようだ。

自分が駄菓子屋を継ぐかどうか、その答えが出るまで待っている・・・という彼女。

 

待つという事で、駄菓子屋巡りの旅にも出られない。

それを気にしての事らしい。

 

豆君は気にし過ぎだと言うが、ココノツは普段からやりたくない店番を押し付けられ、

結果的にやりたいこと(漫画描き)が出来ない故に、ほたるさんの気持ちが解るという。

 

サヤ師は新しいコーヒーを淹れて、ココノツの席に置いた。

そのサヤ師曰く、何にも干渉されないのがほたるさんだという。

たしかに自由を奪われてるなんて想像できないw

 

 

そうは言いつつも気になるココノツ。

豆君はほたるさんに直接聞いてみたら?とアドバイスする。

そんな折、ほたるさんが喫茶エンドウにやってきたw

なんというタイミングw

 

ココノツは豆君の後押しもあり、ほたるさんに気持ちを聞くことに。

 

「あの~ほたるさん」

「喫煙席・・・あるかしら?」

 

ファッ!?

 

ほたるさんまさか喫煙ですか!?((((;゜Д゜)))

 

喫煙席に座り、エレガントにコーヒーを飲みながら・・・

上着の裏ポケットに手を伸ばす。

だがしかしw

 

そこから出てきたのはタバコではなく、森永ミルクキャラメルw

 

 

これ美味いんだよなー。

なんか久々に食べたくなってきたわw

 

だが、なぜあえて喫煙席でミルクキャラメルを?w

頬張りながらココノツを凝視するほたるさんw

 

くっそ可愛いなw

 

そしてココノツは気づく!

実はミルクキャラメルは、その昔、たばこの代用品として宣伝してたらしいのだ!!

 

な、なんだってえええええ!!?

 

そもそもミルクキャラメルは大人向けの商品だったとココノツは語る。

その理由として高級だったという点もある。

明治から大正にかけ、大福一つとキャラメル一粒が同等の価値だったらしい。

 

へぇ!

そんな高級品だったんだ。

 

だけどそれ以上に特別な理由があるという。

当時の日本人は乳製品の味に慣れておらず、当初ミルクキャラメルも乳臭いと不評だったらしい。

そこでタバコの代表品というイメージ戦略を使ったのだという。

 

ミルクキャラメルのファンの中には、あの福沢諭吉もいたという。

ほんとかどうかはわからんけどw

 

ほたるさんは

『なかなかやるじゃない。もっと聞かせてみなさい』

みたいな表情でココノツをみているww

 

だがココノツの知識のストックは底をついてしまってる模様w

 

ほたるさんは『やれやれ・・・』みたいな表情でこちらを見ているww

うぜええww

 

でもかわええww

 

ふぅ・・・まだまだココノツ君には難しかったかしらね~・・・

 って顏だぞ!あれ!一発ぶちかましてやってくださいよ!ココナツさん!」

 

「ん?ココナツ?」

 

ココノツのあだ名であるココナツで閃いたココノツ!

森永ミルクキャラメルは今まで様々な味のバリエーションを出していると豆知識を披露!

 

南高梅、あずき、抹茶味と、そのバリエーションは様々である。

そして、そのバリエーションの中にはココノツのあだ名を冠する

ココナッツミルク味もあったという((((;゜Д゜)))

 

「中々ね。悪くなかったわよ」

 

ほたるさんはそう言って店を出て行ってしまうw

おいw食い逃げww

 

ココノツは豆君の後押しから彼女を追いかけて店を飛び出す。

 

スポンサーリンク

 

 

店を出てすぐ突然のどしゃぶりに逢うココノツ。

ほたるさんも見当たらないし、近くで雨宿りをすることに。 

するとそこに、ずぶぬれのまま歩くほたるさんが通りかかった。

 

ココノツは声かけ、二人はバス停で雨宿りをすることに。

なんだこれ・・・ラブコメの波動を感じるぞ((((;゜Д゜)))

 

ほたるさんは上着を脱いで絞ってる。

服がぬれてすっけすけだ・・・でけぇ((((;゜Д゜)))

 

こんなんどうにかなっちゃうぜ!

 

ほたるさんはあのまま雨にぬれ続けてもよかったというが、

どうしてもあるモノが食べたくなったという。

 

それがサクマ式ドロップスw

 

 

 

これもよく食べたっけなぁ。

全く見ないんだけど、今も現役なんだよね?

 

ほたるさんはサクマ式ドロップスの缶をべた褒め。

確かにあの強固な蓋は何者の侵入も拒みますわ。

 

ほたるさんの侵入もねw

 

わかるわかるwなかなか開かないんだよなーw

無理矢理やると爪痛いしねw

 

ココノツはここで10円を取り出し、テコの要領で簡単に開けて見せるw

これに驚くほたるさんwむしろ今までどうやってあけてたんだw

 

「気合いよね!」

 

気合い系女子だったかー。

 

ほたるさんの「あ~ん」が最高に好きなんだけど(´・ω・`)

かわいいなぁ。

 

ほたるさんはココノツにもドロップをあげる。

すると白いハッカ飴がw

 

明らかに残念そうな顏をするココノツ。

そのまま、そっと缶の中にハッカを戻そうとすると、ほたるさんに手首を掴まれ止められてしまうw

 

「今、何をしようとしたのココノツ君!!」

「ひ・・・そ、それは」

 

凄い剣幕であるw

 

「ハッカ飴を中に戻して、別のを出そうとしたわよね!?」

「く・・・」

 

「辞めておきなさい!気に入らないのが出てきても入れ戻すのはご法度!

 いくらココノツ君といえどそれは許されないわよ!」

 

きいてねぇww

ココノツ胸見すぎだろww

いや気持ちは解りすぎるww多分僕もみてしまうわw

 

結局ハッカ飴を食べるココノツ。

味わってみると、結構おいしい事に気づく。

 

ほたるさん曰くハッカ飴のみの缶もあるとか・・・

流石にそれはくいたくねぇww

 

ココノツはここでようやく本題に入る。

こないだ言ってくれた『待つ』という話。

早く答えを出した方がいいのかほたるさんに尋ねる。

 

「なぜかしら?」

 

と、やはりそんなに気にしていない様子。

ココノツは、このままではほたるさんがずっとシカダ駄菓子に入りびたり、

街を離れる事が出来ず世界一の駄菓子屋を作る夢の邪魔をしているのでは?という。

 

「ココノツ君。そもそもが思い違いよ」

 

ココノツが気にしていた駄菓子屋巡りの旅も、行こうと思えばいつでもいけるという。

なんならこれから一緒にいこうという。

 

「それとね。世界一のお菓子メーカーを作るのは夢じゃなくて現実よ」

 

マジほたるさんかっけぇよ。

言い切るところが最高にいい。

僕も断言したいぜ・・・。

 

ほたるさんがシカダ駄菓子に入り浸るのはココノツの説得もあるが、

それ以上に駄菓子屋として最高に楽しいから!

と、彼女はいう。

 

最高の褒め言葉やね。

 

「でも、ありがとう。真剣に考えてくれたみたいだから」

「いや~・・・どうなんだろ」

 

「ドロップの蓋」

「ふた?」

 

「気合いで開けられない時もあるっていったでしょ?」

「えっと・・・で、コインで開けましたよね?」

 

「だからよ」

「はぁ・・・?なに?話が全然見えてこないんですけど・・・」

 

「晴れたわよ!ココノツ君」

「そ、そうですね」

 

晴れ空に輝くほたるさんの笑顔にときめくココノツ。

 

「行きましょ!」

「はい!」

 

「そういえば、あのバス停、バス来なかったわね」

「いやいや。ちゃんと来ますって!そのうちに」

 

「ほんと?」

「ほんとですって」

 

 

最後の会話・・・

二期来ますってことでいいのですか!?ほたるさん!! 

 

だがしかし、面白かったなぁ。。

キャラも話も最高でした。

 

絶対二期くると信じてしばしのお別れです!

あ、ちなみにOP曲は購入して毎日聞いてるw

 

スポンサーリンク

 

 

 

■前回

 

■だがしかしまとめ

検索

しろログには2000以上の記事があります!
もしかしたらアナタの探してる記事があるかもしれません↓
是非検索してみてください!

データベース

関連記事
■関連記事
人気記事
■人気記事
人気記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA