【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.395 ゴールへの火蓋 流石にこれはどうなのか【漫画感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

■弱虫ペダル
RIDE.395 ゴールへの火蓋

「鳴子はテレポートでもしたんか・・・

 

■前回のレビュー

総北の応援に駆けつける車内・・・

幹から伝えられた最新情報に困惑する面々。

 

素人の橘綾を除いて、今の状況のヤバさを理解していた。

 

今回のインターハイ2日目の山岳ラインとゴールは近くにある。

綾は早めにつけばどちらも応援できるというが、皆険しい表情をしている。

 

幹曰く、この山岳ラインとゴールの近さにより戦略も変わってくるという。

今先頭に近いチームは4つ。

 

箱根学園・京都伏見・熊本台一・そして総北の4チーム。

この内、全チームがクライマーを出せば、今まで通りの山岳賞争いが起きる。

だが、チームのいずれかにおいてエースを出せば

“ゴールを狙う”という明確な意思表示になる。

 

当然どのチームもゴールは渡したくない。

ともなれば、その瞬間から他のチームもそれを追従せざるを得なくなる。

 

今までは山岳ラインとゴールまでに距離があった。

そのため山岳争いのためにフルで競った面々は、後ろから来たゴールに的を絞った選手に追い抜かれる・・・

そのため、エースは温存され、最後のゴール争いに使うのがセオリーだった。

 

しかし、今回のコースレイアウトは地形の問題で山岳ラインとゴールまでの距離が極端に短い。

 

山岳賞を競った足のまま・・・山を一番に通過した選手が、そのままゴールを狙うことが可能なレイアウトなのだ。

 

 

明日もレースはある。

山岳を使ったゴール争いなど、どのチームも本当は避けたいところ。

しかし、そのリスクをおかしてまで、ゴールを渇望する選手・・・御堂筋翔・・・!!

 

この山の“登り”は・・・今までの山岳賞争いとはまるで違う!!

そんな状況になっているはずだと幹は語る。

 

 

「もっとや・・・もっとオ・・・

 もっと全力で引きや木利屋クゥン!!」

「ハァ・・・ハァ・・・うおああああああああ!!!」

 

すでに木利屋は限界寸前。

足もブルブル震えだしていた。

 

先頭を走る京都伏見。

木利屋、水田、御堂筋といった並びで走っている。

 

「うしろの箱根学園(カスバエ)を払い落とすまでぇ!!」

 

さらに加速する京都伏見!!

 

「京都伏見、更に加速しましたァ葦木場さん!!」

 

新開弟が葦木場を引いている。

 

「最初にとびだした時についた差をヤツら、そのまま維持するつもり・・・

 いや、もっと広げるつもりだ。悠人・・・差を広げさせるな」

 

「っかってますよォ!!ふっ!しゃあ!!」

「おそらく京伏は今引いてるクライマーの木利屋、この山で限界まで引かせて使い捨てるつもりだ

 

「捨て身すか!!ヤッバイですね!!」

 

新開弟もハンドルを強く握りヤバさを実感!!

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■関連記事
検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA