【ネタバレ】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #1「鉄と血と」【アニメ感想】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

#1「鉄と血と」

舞台は火星・・・

アーブラウ領クリュセ独立自治区の代表の愛娘を地球まで護衛する任務を

CGS(クリュセ・ガード・セキュリティ)の社長より直々に受ける、

CGS参番隊・隊長オルガ・イツカとビスケット・グリフォン。

 

なんでも、その愛娘とやらは火星の独立運動をやってるらしい。

社長曰く、今回の地球行きも独立運動がらみらしい。

 

なぜ参番組にそんな大役が回ってきたのか聞くと、

どうやら今回の依頼人であるクーデリア・藍那・バーンスタインから

直々の指名だという。

 

・・・・・

・・・

 

ふーむ。

どうやらこのCGSという組織において、参番組というのは少年兵で

組織されたグループのようだ。

何番組なのかは解らないが大人たちに顎で使われている。

 

食事にも格差があるようだ。

“宇宙ねずみ”って呼ばれているのはどういうことなのか?

 

参番組の面子を見てみると

主人公・三日月・オーガス

隊長・オルガ・イツカ

情報通の太っちょ・ビスケット・グリフォン

イケメン・ユージン・セブンスターク(しにそう

ゴリメン・昭弘・アルトランド

お調子者・ノルバ・シノ

美少年・タカキ・ウノ

 

他にも色々いるみたいだけど主だってはコレが手メンバーかね。

 

・・・・・

・・・

 

アーブラウ領 クリュセ独立自治政府・首相官邸・・・

藍那は母親へ出発を告げていた。

すげぇ髪型だが美人だな・・・

藍那ママンも美人だ(´・ω・`)

 

どうやら藍那の父親は以前まで藍那の独立運動には否定的だったようだが、

今回は地球との調停役任せてくれたようだ。

藍那はそれを不審に感じているようだが、母親は悪くとるなという。

 

・・・・

・・・

 

藍那はメイドと二人きりになってから母親の愚痴をこぼす。

外の世界を見ようとしない母親にイラつきを見せる藍那。

藍那自身は本当のことを知りたいし、本当の事にふれたいと思っているようだ。

そういう理由があって、三番組を指名したようだ。

 

非正規の少年兵たちである参番組。

長らく続く地球圏からの支配が生んだ、火星の抱える問題そのものといえるという。

そんな彼らと触れ合う事で、藍那は少しでも痛みを分かち合いたいと

考えているようだ。

 

・・・・・

・・・

 

ギャラルホルン 火星本部 静止軌道基地 アーレス

宇宙の本部で密会をかわす藍那の父。

藍那を愚かな娘と言っている・・・

 

どういうことだ?

父親が相手にしているのは地球の軍人なのか?

威圧的な態度で藍那の父親に対応している。

 

愚かな藍那を完全なるカリスマとして永遠に民衆の記憶に残るよう協力するという。

これに対して、父親は「お手柔らかにコーラル閣下」と一言。

 

自分の娘を売っておきながらお手柔らかに・・か。

コーラルは父親がいない所で、彼を腑抜けと称した。

 

こいつが言うには地球からの監査が好機に変わるらしい。

モブリス?というところからの援助を受けるためにも藍那には頑張って貰わねばと

言ってるが、つまりどういう事だってばよ。

 

火星独立を訴えれば、それはつまり地球側を怒らせるってことだよね?

地球とドンパチやるつもりなのか?

ということはやっぱこいつは火星の軍人?

 

・・・・・

・・・

 

ギャラルホルン ビスコー級クルーザー ヴィルム

エース級と思われる二名。

金髪のマクギリス・ファリドと愚痴をこぼすガエリオ・ボードウィン。

火星の事をうまみを吸い尽くした出がらしだというガエリオ。

 

コイツら地球側は火星の連中に今までと変わらぬ献身を貫いてほしいという。

 

独立運動の鎮静化が目的なのか?

 

・・・・

・・・・・・

 

護衛任務を明日に控える参番組。

色々とまだよくわからんけど、旧時代のマシンを扱うのに

体内に何か埋め込んでるのか・・・マシンと人体を接続するのか・・・・

スポンサーリンク

 

 

本妻!?キタコレ!?

 

なんか可愛い女の子出て来た。

雑貨屋で働いてるのか。

年は三日月と同じくらいかな。

 

地球へ旅立つ三日月に何やらプレゼントする様子だ。

 

・・・

・・

 

一方CGSに到着した藍那と御つきのフミタン?

オルガ・三日月・ビスケット・ユージンの4名が挨拶をするやいなや、

藍那は三日月を指名してCGS内部を案内してほしいという。

 

三日月に握手を求める藍那だったがスルーされる。

ズンズンと前をいく三日月、そのあとをひっしに追う藍那。

 

三日月を呼び止めて再び握手を求める。

しかし、三日月は手が汚れているからと握手を拒否する。

 

対等になるために握手を求めた藍那だったが、

「でも、それってつまり対等じゃないってことですよね」

と返した。

 

・・・・・

・・・

 

オルガとビスケットは、この一件が胡散臭すぎると睨んでいた。

藍那程の人物をなぜCGSなんかに?

ギャラルホルンが動いてもいい程の大物だという。

 

「俺らに選ぶ自由はない。例え罠でも罠ごとかみ砕くまでさ!」

 

・・

・・・・・

 

もうじき夜明け前・・・

唐突に始まった銃撃戦!!

 

ギャラルホルンがCGSを襲撃!!

見回りを射撃するも、すぐに異変を察知されるギャラルホルン!

 

 

一番組は敵の頭を押さえろと三番組にいうが、

敵についての情報は言い渋っている。

 

敵のモビルウォーカー?モビルワーカー?の紋章を見て、

敵がギャラルホルンと解る一同。 

 

CGSの面々もモビルワーカーで迎撃する!

一軍の命令で前線に出される三番組。

どう連携するのか一軍に聞くが、なんだか答えがあやふやだ。

 

作戦は参番組が抑えて時間を稼ぎ、一軍が背後に回り込み、挟み込むというもの。

どうも胡散臭いがやるしかない!

オルガたちは言われるまま出撃する!

その前にビスケットに成りやら頼みごとをするオルガ。

一体何を?

 

一方いち早く現場で出た三日月は仲間を援護しつつ戦う!

少年兵の中でも最年少みたいなのが戦うって言い出してるけど・・・

これは完全にフラグだよな・・・

 

ビスケットは藍那と合流し、ガンダムの整備を手伝っていた!

出るのかガンダム!!

 

・・・・・

・・・

 

性能では敵のモビルワーカーが上!

装甲も分厚い!

そんな中さっきの少年兵が突っ込んでいった!

分厚い装甲をうちぬくには接近せねば!

しかし、前に出すぎだ!

しかも素人臭い!

 

ついには動きを止めてしまう!

狙い撃ちにされる!!

そこに援護にやってきた三日月と昭弘!

このエース二人のコンビネーションは凄まじく、機動性を生かして引っ掻き回し、

至近距離から撃つことで次々に撃墜していく!

 

一軍の到着を期待するユージンだったが、思った通り一軍は逃走をはかった!

しかし、これを読んでいたオルガはビスケットに指示を出す!

ビスケットは遠隔操作で一軍に搭載された照明弾を発射!

 

敵はこれに気づき、一軍を追い始めた!!

狙い通りか!

 

だが、ギャラルホルンはモビルスーツを繰り出してきた!

しかも三体!!

どうやら一人のバカな指揮官がこの戦争をおっぱじめたようだ。

 

オルガと三日月は逃げるつもりはないようだ!

しかし、この選択が一人の少年兵を犠牲にしてしまう・・・!

やっぱりフラグだったか・・・・

 

敵は今度はオルガに銃口を向け狙い撃つ!

あわやという時だった!

 

 

ついに・・・

ついに!!

 

三日月がガンダムで助けにきたあああああああ!!!

かっけぇええええええええええオラ! ( °▽°)=◯)`ν°)・;’.、

 

敵モビルスーツを粉砕ッ!!

 

スポンサーリンク

 

 

■次回

 ■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

関連記事
■関連記事
人気記事
■人気記事
人気記事
スポンサーリンク

スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA